「芝公園六角堂跡」西村賢太著

公開日: 更新日:

 芥川賞受賞作「苦役列車」の映画化にあたって「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ」というキャッチフレーズを奉られた北町貫多。その北町貫多シリーズの最新作品集。

 有名な新人文学賞を取ったおかげで一気に名を知られるようになった貫多。あるテレビ番組で、貫多が中学2年の頃から憧れ続けてきた歌手のJ・Iと知り合い、ホテルでのライブに招待される。ライブ後、J・Iと一緒に写真を撮るなどいい気分のまま帰途に就くのだが、そこで愕然とする。そこは貫多が敬愛してやまない作家・藤澤淸造の終焉の地のすぐそばだったのだ。かつては祥月命日ごとにこの地を訪れていたのに、ここに来るまで気づかないとは。

 虚名に浮かれて、大事なものを見失っていた貫多は、己が文学を目指した初心に帰ることを決意する――。

 この表題作の他3編が収められている。いずれもその前の作品を受け、私小説にこだわり続ける自分の原点を見直していくという主題が繰り返し表れるという、ロンド形式となっている。貫多ファン、待望の一冊。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る