「札沼線の愛と死新十津川町を行く」西村京太郎著

公開日:

 雪の夜、十津川が暮らす三鷹の路上で身元不明の男の銃殺体が見つかる。被害者は現場に血で「十」の字を書き残していた。「十」の字から、男が十津川を訪ねてきたとも考えられるが、十津川は被害者の顔に覚えがない。捜査が難航する中、被害者は「十津川に招待状を届けに行った」との匿名電話が入る。

 十津川は以前、招待状をくれた奈良県十津川村に連絡をするが、男は村の使者ではなかった。しかし、村出身者が移住してつくった新十津川町が北海道にあることが分かる。十津川らは廃線が囁かれる札沼線に乗って新十津川町に向かう。町に着いた十津川らは、魔法使いが出没するという噂を耳にする。

 冬の北海道を舞台にしたトラベルミステリー。(実業之日本社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る