「無貌の神」恒川光太郎著

公開日:  更新日:

〈私〉は自分がいつその集落に来たのか分からなかったが、燃えている町から逃げてくる悪夢をよく見た。集落には古寺があり、のっぺらぼうの神がいた。私は何度かその神に傷を癒やしてもらった。あるとき、その神が傷だらけの男をうわばみのように丸のみにするのを見た。私を育ててくれたアンナは私を森の中の赤い橋に連れていき、その橋を渡って行けと言ったが私は拒んだ。秋の日、アンナは刀でのっぺらぼうの神を殺した。神の屍はとてもうまそうに見え、アンナが「あなたは駄目。戻れなくなる」と止めたが私はそれを食べた。(「無貌の神」)

 青天狗や死神などが跋扈する、幻想的な世界を描く6編の短編。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る