「無貌の神」恒川光太郎著

公開日: 更新日:

〈私〉は自分がいつその集落に来たのか分からなかったが、燃えている町から逃げてくる悪夢をよく見た。集落には古寺があり、のっぺらぼうの神がいた。私は何度かその神に傷を癒やしてもらった。あるとき、その神が傷だらけの男をうわばみのように丸のみにするのを見た。私を育ててくれたアンナは私を森の中の赤い橋に連れていき、その橋を渡って行けと言ったが私は拒んだ。秋の日、アンナは刀でのっぺらぼうの神を殺した。神の屍はとてもうまそうに見え、アンナが「あなたは駄目。戻れなくなる」と止めたが私はそれを食べた。(「無貌の神」)

 青天狗や死神などが跋扈する、幻想的な世界を描く6編の短編。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  9. 9

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る