• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「無貌の神」恒川光太郎著

〈私〉は自分がいつその集落に来たのか分からなかったが、燃えている町から逃げてくる悪夢をよく見た。集落には古寺があり、のっぺらぼうの神がいた。私は何度かその神に傷を癒やしてもらった。あるとき、その神が傷だらけの男をうわばみのように丸のみにするのを見た。私を育ててくれたアンナは私を森の中の赤い橋に連れていき、その橋を渡って行けと言ったが私は拒んだ。秋の日、アンナは刀でのっぺらぼうの神を殺した。神の屍はとてもうまそうに見え、アンナが「あなたは駄目。戻れなくなる」と止めたが私はそれを食べた。(「無貌の神」)

 青天狗や死神などが跋扈する、幻想的な世界を描く6編の短編。(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る