「落語推理 迷宮亭」山前譲編

公開日: 更新日:

 大晦日、高層ビル街でタンチョウヅルが目撃される。同じ日、都内の高級ホテルの「鶴の間」でささやかな独演会を催していた落語家の破鶴が高座中に死ぬ。かつて一世を風靡した破鶴だったが、喉頭炎の悪化で引退に追い込まれ、その日が最後の高座だった。師匠・円葉ら5人の招待客を前に、破鶴が生涯最後の演目に選んだのは古典の「盲目かんざし」。声が思うように出ない破鶴は、二人羽織で噺を見せる芸に仕立て直し、弟子の小鶴と演じていたが、その迫真の最後の場面で、突然、明かりが消え、気が付いたら破鶴が死んでいたという。(連城三紀彦著「変調二人羽織」)

 他7編、落語を題材にした作品を集めたアンソロジー。(光文社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る