• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「落語推理 迷宮亭」山前譲編

 大晦日、高層ビル街でタンチョウヅルが目撃される。同じ日、都内の高級ホテルの「鶴の間」でささやかな独演会を催していた落語家の破鶴が高座中に死ぬ。かつて一世を風靡した破鶴だったが、喉頭炎の悪化で引退に追い込まれ、その日が最後の高座だった。師匠・円葉ら5人の招待客を前に、破鶴が生涯最後の演目に選んだのは古典の「盲目かんざし」。声が思うように出ない破鶴は、二人羽織で噺を見せる芸に仕立て直し、弟子の小鶴と演じていたが、その迫真の最後の場面で、突然、明かりが消え、気が付いたら破鶴が死んでいたという。(連城三紀彦著「変調二人羽織」)

 他7編、落語を題材にした作品を集めたアンソロジー。(光文社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る