早川いくをさん 「会社もローンも忘れて恐竜談義」

公開日: 更新日:

「知られざる恐竜王国!!」原作・NHK「ダーウィンが来た!」 講談社編纂執筆・植田和貴監修・小林快次ほか(講談社 980円+税)

「おい、スピノサウルスって実は水生恐竜だったんだと」

「えっ『ジュラシックパーク3』で、ティラノサウルスと陸上で戦って、しかも勝ってたぞ」

「足には水かき、主食も魚、水中専門の恐竜だったそうだ」

「じゃ恐竜の王者はやっぱりティラノサウルスだったんだ、俺の勝ちィ!」

「何でおまえが勝ち誇るんだよ」

「ティラノサウルス応援団だから」

「応援したってとっくに滅びてんだよ。ところでそのティラノサウルスって羽毛が生えてたそうだぜ」

「そんなバカな!」

「この本に最新の研究が載ってるんだ」

「俺のティラノサウルスがカモやアヒルと同じなんてヤダ!」

「ガキみたいに泣くな。お、ティラノサウルスは日本にも生息してたんだってさ。1億年前の兵庫県にいたんだってよ」

「じゃ姫路城にも現れたかもね!」

「そんなわけないだろ!」

 たまの休みは、いい年こいた元恐竜少年が集って、この本片手にこんな恐竜談議にふけるのもいいかもしれない。会社もローンも忘れて……。

▽はやかわ・いくを 1965年、東京都生まれ。著書にベストセラーとなった「へんないきもの」ほか、「取るに足らない事件」「カッコいいほとけ」など多数。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る

人気キーワード