早川いくをさん 「会社もローンも忘れて恐竜談義」

公開日:

「知られざる恐竜王国!!」原作・NHK「ダーウィンが来た!」 講談社編纂執筆・植田和貴監修・小林快次ほか(講談社 980円+税)

「おい、スピノサウルスって実は水生恐竜だったんだと」

「えっ『ジュラシックパーク3』で、ティラノサウルスと陸上で戦って、しかも勝ってたぞ」

「足には水かき、主食も魚、水中専門の恐竜だったそうだ」

「じゃ恐竜の王者はやっぱりティラノサウルスだったんだ、俺の勝ちィ!」

「何でおまえが勝ち誇るんだよ」

「ティラノサウルス応援団だから」

「応援したってとっくに滅びてんだよ。ところでそのティラノサウルスって羽毛が生えてたそうだぜ」

「そんなバカな!」

「この本に最新の研究が載ってるんだ」

「俺のティラノサウルスがカモやアヒルと同じなんてヤダ!」

「ガキみたいに泣くな。お、ティラノサウルスは日本にも生息してたんだってさ。1億年前の兵庫県にいたんだってよ」

「じゃ姫路城にも現れたかもね!」

「そんなわけないだろ!」

 たまの休みは、いい年こいた元恐竜少年が集って、この本片手にこんな恐竜談議にふけるのもいいかもしれない。会社もローンも忘れて……。

▽はやかわ・いくを 1965年、東京都生まれ。著書にベストセラーとなった「へんないきもの」ほか、「取るに足らない事件」「カッコいいほとけ」など多数。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る