• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早川いくをさん 「会社もローンも忘れて恐竜談義」

「知られざる恐竜王国!!」原作・NHK「ダーウィンが来た!」 講談社編纂執筆・植田和貴監修・小林快次ほか(講談社 980円+税)

「おい、スピノサウルスって実は水生恐竜だったんだと」

「えっ『ジュラシックパーク3』で、ティラノサウルスと陸上で戦って、しかも勝ってたぞ」

「足には水かき、主食も魚、水中専門の恐竜だったそうだ」

「じゃ恐竜の王者はやっぱりティラノサウルスだったんだ、俺の勝ちィ!」

「何でおまえが勝ち誇るんだよ」

「ティラノサウルス応援団だから」

「応援したってとっくに滅びてんだよ。ところでそのティラノサウルスって羽毛が生えてたそうだぜ」

「そんなバカな!」

「この本に最新の研究が載ってるんだ」

「俺のティラノサウルスがカモやアヒルと同じなんてヤダ!」

「ガキみたいに泣くな。お、ティラノサウルスは日本にも生息してたんだってさ。1億年前の兵庫県にいたんだってよ」

「じゃ姫路城にも現れたかもね!」

「そんなわけないだろ!」

 たまの休みは、いい年こいた元恐竜少年が集って、この本片手にこんな恐竜談議にふけるのもいいかもしれない。会社もローンも忘れて……。

▽はやかわ・いくを 1965年、東京都生まれ。著書にベストセラーとなった「へんないきもの」ほか、「取るに足らない事件」「カッコいいほとけ」など多数。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る