• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女系の総督」藤田宜永著

 森川の家は代々、女系家族で、子どもは3人とも娘。同居する三女夫婦の子どもも女だった。

 16年前に妻を亡くした森川の家には、三女一家の他に認知症の症状が表れ始めた母とアナウンサーの次女、そして大学生の姪が同居。婿養子だった亡き父は家業の材木商をたたみ、店をマンションに建て替えた。おかげで森川は、自分の選んだ道を進み、出版社で役員を務めている。競艇選手の長女は、森川を毛嫌いして家に寄り付かない。ある日、ホテルでのパーティーに参加した森川は、エレベーターから男と降りてきた姉の昌子を見かける。2人の関係が気になる森川だが、男勝りの姉に何も問いただせない。

 周囲の女性たちに振り回される森川の新しい恋を描く長編家族小説。(講談社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る