• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女系の総督」藤田宜永著

投稿日:

 森川の家は代々、女系家族で、子どもは3人とも娘。同居する三女夫婦の子どもも女だった。

 16年前に妻を亡くした森川の家には、三女一家の他に認知症の症状が表れ始めた母とアナウンサーの次女、そして大学生の姪が同居。婿養子だった亡き父は家業の材木商をたたみ、店をマンションに建て替えた。おかげで森川は、自分の選んだ道を進み、出版社で役員を務めている。競艇選手の長女は、森川を毛嫌いして家に寄り付かない。ある日、ホテルでのパーティーに参加した森川は、エレベーターから男と降りてきた姉の昌子を見かける。2人の関係が気になる森川だが、男勝りの姉に何も問いただせない。

 周囲の女性たちに振り回される森川の新しい恋を描く長編家族小説。(講談社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る