「女系の総督」藤田宜永著

公開日: 更新日:

 森川の家は代々、女系家族で、子どもは3人とも娘。同居する三女夫婦の子どもも女だった。

 16年前に妻を亡くした森川の家には、三女一家の他に認知症の症状が表れ始めた母とアナウンサーの次女、そして大学生の姪が同居。婿養子だった亡き父は家業の材木商をたたみ、店をマンションに建て替えた。おかげで森川は、自分の選んだ道を進み、出版社で役員を務めている。競艇選手の長女は、森川を毛嫌いして家に寄り付かない。ある日、ホテルでのパーティーに参加した森川は、エレベーターから男と降りてきた姉の昌子を見かける。2人の関係が気になる森川だが、男勝りの姉に何も問いただせない。

 周囲の女性たちに振り回される森川の新しい恋を描く長編家族小説。(講談社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  10. 10

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る