数学の力を借りれば運命の相手が掴まえられる!

公開日: 更新日:

 男女関係のあらゆる問題を、数学を用いて解明しようと試みているのが、ハンナ・フライ著、森本元太郎訳「恋愛を数学する」(朝日出版社 1300円+税)である。人間の感情は数学とは違い、数式通りに事が進むばかりではない。しかし、男女の問題に対して数学が無力というわけでもない。なぜなら、数学を突き詰めるとそれは、“パターンの研究”であるためだ。

 天気予報から宇宙の法則まで、数学はあらゆる現象を予測するのに役立つ。そのどれもが、一定の法則に従うものであるためだ。そして、男女の恋愛もまた人生で起こる多くの出来事同様に、パターンに満ちあふれている。そのため、数学を用いた予測が可能なのだと、数学者の著者は語る。

 たとえば、“最高のパートナー”を掴まえるための行動も、数学の力を借りて導き出すことができる。生まれて初めて恋人ができる年齢を15歳、身を固める年齢を40歳と仮定して考えてみよう。その間、何人かの相手と付き合うことになるが、どれが運命の相手かを選ぶには、数学の「最適停止理論」が役立つ。ある行動をするときに、もっとも効果的な結果を出すための最適なタイミングはいつかを導き出す、数学の一分野だ。

 この理論を用いて数式に当てはめてみると、15歳から40歳までの25年間のうち、前半の37%、つまり24歳を少し過ぎるまでに付き合う恋人は、全員振るべき。そして、“お断り段階”を過ぎた後に現れた中から優れていると感じる相手を選ぶと、その人が最高のパートナーである確率が非常に高くなるそうだ。

 夫婦が幸せな関係を維持できるか否かも、数学によって解き明かすことができる。リビングにカメラをセットし、夫婦で言い争いになりやすいテーマに関して15分ほど話す様子を撮影。終わったら再生し、討論の様子を感情のカテゴリー別に採点していく。

 険悪なムードになったときに、侮蔑するような態度を取っていたらマイナス4、ユーモアで回避していたらプラス4といった具合だ。このスコアや相手への態度を数式に当てはめると、離婚のリスクもはじき出せると本書。

 数学、侮りがたし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る