• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「金の卵」たちの証言で働くことの意味を知る

 現在放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」でも描かれている集団就職。昭和30~40年代、地方の中学校を卒業した少年少女たちは、家計を支えるために集団就職列車に乗って大都市圏に移り住み、工場や商店で働いた。現代の若者たちには、想像もつかない話だろう。

 澤宮優著「集団就職 高度経済成長を支えた金の卵たち」(弦書房 2000円+税)は、集団就職経験者たちの声を集めたルポ。

 当時の望郷の思いや都会で感じた戸惑いや喜び、そして辛苦が赤裸々に語られている。

 京都市で洋食店を営む山内達己さんは、長崎県西海市出身。昭和40年に中学を卒業し、関西で東芝のテレビを組み立てる工場に就職した。

 父親はサラリーマンだったが、山内さんが小学校1年生の時に肺炎で亡くなっている。母はクリーニングの仕事や米軍基地の廃品回収で家計を支えたが、山内さんの下には2人の妹がおり、暮らしは貧しかった。長男である自分が中卒で働くことには何の迷いもなく、「あの頃は小遣いなんてなく、ただ仕送りすることだけを考えていた」と振り返る。

 熊本県天草町で6人兄弟の長男として育った竹森要さんは、昭和35年に名古屋に集団就職し、トヨタの下請け工場で働いた。飛行場で働いていた父親が長崎県で被爆し、竹森さんは15歳で一家の大黒柱となったのだ。ひと月に120時間を超える残業など労働環境も苦しかったが、人間関係でも惨苦を味わったと振り返る。「あの頃は九州も田舎ということで先輩たちがいじめるわけです。名古屋弁はきついですからね」。そんな事情も重なり、ぐれて会社を去った少年たちも少なくなかった。繁華街で働き暴力団に誘われ、消えてしまった友人もいたという。

 匿名でインタビューに答えた女性のBさんは、鹿児島県から神奈川県の電機メーカーに就職。給料は仕送りで消えてしまい、少女たちの中には稼ぎのいい水商売に手を出したり、都会の男にだまされて夜の世界に落ちていく者もいた。Bさん自身は「親に心配かけたくないという気持ちが、折れそうな気持ちを支えてくれた」と振り返る。

 高度経済成長を陰で支えた少年少女たち。その姿から、働くことの意味を教えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る