「8時間睡眠のウソ。」川端裕人、三島和夫著

公開日: 更新日:

 入眠困難や中途覚醒、目覚めの悪さなど、日本人の5人に1人が睡眠に問題を抱えているという。睡眠不足に起因する国内の経済損失は年間3・5兆円に及ぶとの試算もあるそうだ。そんな睡眠に関する現実と、その驚くべき仕組みを専門家に聞く健康サイエンス本。

 寝つきやすい時間帯は個人差が大きく、体内時計によって決定される。ゆえに体内時計の問題は、交代勤務などのシフトワーカーへの影響が深刻だという。また、脳は深い睡眠の間によく冷えるため、冷却の効率が悪くなるこま切れ睡眠はNGなのだとか。その他、人は何時間眠ればいいのか、寝つけない時にはどうすべきかなど。最新の知見をもとに、睡眠の質を向上させる方法を伝授。(集英社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  5. 5

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  6. 6

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る

人気キーワード