「大航海時代の日本人奴隷」ルシオ・デ・ソウザ、岡美穂子著

公開日: 更新日:

 戦国時代の日本に「奴隷」とされた人々が多数存在し、ポルトガル人は南蛮貿易船で彼らをアジア、欧州まで運び人身売買を行っていた。

 たとえば、日本人奴隷ガスパール・フェルナンデス(日本名は不詳)は、1577年に現在の大分県に生まれるが、8歳ごろに誘拐され長崎にいたポルトガル商人ルイ・ペレスに売られた。そして、ペレス一家と過ごすうちに語学力がつき、のちに解放されメキシコの地で自由民として生涯を終えている。

 16世紀欧州では、キリスト教徒への改宗者の中にいるユダヤ人の子孫を見つけ出すための異端審問が頻繁に開かれていた。本書は審問の場に呼ばれた3人の日本人奴隷の証言記録から、彼ら日本人奴隷の人身売買の実態や暮らしぶり、さらに、歴史の流れに埋もれ人知れず生涯を終えた人々の「大航海」にも光を当てた研究書である。(中央公論新社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る

人気キーワード