「大航海時代の日本人奴隷」ルシオ・デ・ソウザ、岡美穂子著

公開日: 更新日:

 戦国時代の日本に「奴隷」とされた人々が多数存在し、ポルトガル人は南蛮貿易船で彼らをアジア、欧州まで運び人身売買を行っていた。

 たとえば、日本人奴隷ガスパール・フェルナンデス(日本名は不詳)は、1577年に現在の大分県に生まれるが、8歳ごろに誘拐され長崎にいたポルトガル商人ルイ・ペレスに売られた。そして、ペレス一家と過ごすうちに語学力がつき、のちに解放されメキシコの地で自由民として生涯を終えている。

 16世紀欧州では、キリスト教徒への改宗者の中にいるユダヤ人の子孫を見つけ出すための異端審問が頻繁に開かれていた。本書は審問の場に呼ばれた3人の日本人奴隷の証言記録から、彼ら日本人奴隷の人身売買の実態や暮らしぶり、さらに、歴史の流れに埋もれ人知れず生涯を終えた人々の「大航海」にも光を当てた研究書である。(中央公論新社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る