「戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ」マイク・モラスキー著

公開日:

 アメリカ発祥の音楽、ジャズを切り口に、戦後日本の映画や文学を考察した文化論。

 まずはジャズと日本人との歴史を概観。その上で黒沢明監督の「酔いどれ天使」と井上梅次監督の「嵐を呼ぶ男」の2本の映画を例に、日本映画の中でジャズがどのように扱われたかを論じる。酔いどれ天使では、ジャズはクラシックの「高」に対する「低」に描かれていると、黒沢監督が固執する二項対立の社会観に言及。一方、嵐を呼ぶ男に戦後日本のジャズ状況の変遷や一般の人のジャズに対する認識を垣間見る。その他、文学に登場するジャズや、日本独自の空間であるジャズ喫茶の文化空間としての多面性など、戦後の日本文化の中で反響するジャズの音色に耳を傾ける。(岩波書店 1340円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る