「戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ」マイク・モラスキー著

公開日: 更新日:

 アメリカ発祥の音楽、ジャズを切り口に、戦後日本の映画や文学を考察した文化論。

 まずはジャズと日本人との歴史を概観。その上で黒沢明監督の「酔いどれ天使」と井上梅次監督の「嵐を呼ぶ男」の2本の映画を例に、日本映画の中でジャズがどのように扱われたかを論じる。酔いどれ天使では、ジャズはクラシックの「高」に対する「低」に描かれていると、黒沢監督が固執する二項対立の社会観に言及。一方、嵐を呼ぶ男に戦後日本のジャズ状況の変遷や一般の人のジャズに対する認識を垣間見る。その他、文学に登場するジャズや、日本独自の空間であるジャズ喫茶の文化空間としての多面性など、戦後の日本文化の中で反響するジャズの音色に耳を傾ける。(岩波書店 1340円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る