「心を操る寄生生物」キャスリン・マコーリフ著

公開日:

 ここ数年注目されている「腸脳相関」で明らかになったように、人間に寄生する生物が、その心までも操っているのではないか、という新しい考え方・研究を紹介した一冊。著者は世界的な科学雑誌「ディスカバー」誌の寄稿編集者でサイエンスライター。

 その内容は刺激的だ。本の中でインフルエンザウイルスは、新たな感染先と出合うため、ウイルスが最もうつりやすい時期にいつもより多くの人と出合うよう心を操っているのではないかとの仮説を立てた研究者の話を紹介している。

 また、性感染症を引き起こす病原体が性欲を後押しするという考えもあるそうで、その例として、単純ヘルペスウイルスが骨盤領域の神経末端を刺激して性的活動を促進して、別の宿主にうつる確率を高めている可能性があるとの学者の推測も書かれている。

 寄生生物がその存在を守るために、宿主を支配しようとしているさまが具体的に書かれていて面白い。(インターシフト 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る