「心を操る寄生生物」キャスリン・マコーリフ著

公開日:

 ここ数年注目されている「腸脳相関」で明らかになったように、人間に寄生する生物が、その心までも操っているのではないか、という新しい考え方・研究を紹介した一冊。著者は世界的な科学雑誌「ディスカバー」誌の寄稿編集者でサイエンスライター。

 その内容は刺激的だ。本の中でインフルエンザウイルスは、新たな感染先と出合うため、ウイルスが最もうつりやすい時期にいつもより多くの人と出合うよう心を操っているのではないかとの仮説を立てた研究者の話を紹介している。

 また、性感染症を引き起こす病原体が性欲を後押しするという考えもあるそうで、その例として、単純ヘルペスウイルスが骨盤領域の神経末端を刺激して性的活動を促進して、別の宿主にうつる確率を高めている可能性があるとの学者の推測も書かれている。

 寄生生物がその存在を守るために、宿主を支配しようとしているさまが具体的に書かれていて面白い。(インターシフト 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る