• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「心を操る寄生生物」キャスリン・マコーリフ著

 ここ数年注目されている「腸脳相関」で明らかになったように、人間に寄生する生物が、その心までも操っているのではないか、という新しい考え方・研究を紹介した一冊。著者は世界的な科学雑誌「ディスカバー」誌の寄稿編集者でサイエンスライター。

 その内容は刺激的だ。本の中でインフルエンザウイルスは、新たな感染先と出合うため、ウイルスが最もうつりやすい時期にいつもより多くの人と出合うよう心を操っているのではないかとの仮説を立てた研究者の話を紹介している。

 また、性感染症を引き起こす病原体が性欲を後押しするという考えもあるそうで、その例として、単純ヘルペスウイルスが骨盤領域の神経末端を刺激して性的活動を促進して、別の宿主にうつる確率を高めている可能性があるとの学者の推測も書かれている。

 寄生生物がその存在を守るために、宿主を支配しようとしているさまが具体的に書かれていて面白い。(インターシフト 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る