「現美新幹線殺人事件」西村京太郎著

公開日:

 画商の竹田の妻子が自宅で殺害された。刑事の十津川らはまず竹田を疑うが、彼は事件の数日前からスキー旅行に出掛けており、アリバイがあった。数日後、竹田は自宅から1枚の絵が消えていることに気づく。絵は近年、注目が集まる渡辺久が新人の頃に故郷・新潟の海を描いたものだった。

 2カ月後、竹田は画商仲間の丹羽に誘われ、車両を美術館に仕立てた特別列車「現美新幹線」に乗車する。渡辺の作品も展示されると聞いたからだ。竹田は、展示された渡辺の作品の中に自宅から消えたあの絵を見つける。不審を抱いた竹田は渡辺に連絡を取ろうとするが、渡辺は米国で交通事故に遭い生死不明の状態だと分かる。

 世界最速の美術館を題材にした長編ミステリー。(文藝春秋 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る