「現美新幹線殺人事件」西村京太郎著

公開日:

 画商の竹田の妻子が自宅で殺害された。刑事の十津川らはまず竹田を疑うが、彼は事件の数日前からスキー旅行に出掛けており、アリバイがあった。数日後、竹田は自宅から1枚の絵が消えていることに気づく。絵は近年、注目が集まる渡辺久が新人の頃に故郷・新潟の海を描いたものだった。

 2カ月後、竹田は画商仲間の丹羽に誘われ、車両を美術館に仕立てた特別列車「現美新幹線」に乗車する。渡辺の作品も展示されると聞いたからだ。竹田は、展示された渡辺の作品の中に自宅から消えたあの絵を見つける。不審を抱いた竹田は渡辺に連絡を取ろうとするが、渡辺は米国で交通事故に遭い生死不明の状態だと分かる。

 世界最速の美術館を題材にした長編ミステリー。(文藝春秋 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る