顔が赤くなる人は食道・頭頚部がんのリスク大

公開日: 更新日:

「お酒を飲んで、がんになる人、ならない人」横山顕著

 連日の暑さでビールが欠かせない、という人は多いだろう。しかし、飲酒によって、がんを引き起こす体質の人がいるという。

 がんの誘引を左右するのが「ALDH2」という酵素だ。ALDH2は、体内でアルコールを分解するときに作られるアセトアルデヒドという毒物から身を守る役割を持っている。この酵素の働きが弱いと飲酒で顔が赤くなるわけだが、そういう人は、実は食道・頭頚部がんのリスクが大。毒性アセトアルデヒドの分解が遅いため、長時間さらされることになるためだ。

 また酒宴の翌日も酒臭い体質の人も要注意。ニオイが残るのはアルコール代謝が遅いのが原因だが、やはり長時間にわたって食道や咽頭が高濃度アセトアルデヒドにさらされ、発がん性が強く出てしまうという。

 他にもアルコール代謝の遅い人はビール腹になりやすいが、逆に代謝の早い人は肝障害が進行しやすいなど、体質とがんの関係、予防法までを解説。(星和書店 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る