日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

顔が赤くなる人は食道・頭頚部がんのリスク大

「お酒を飲んで、がんになる人、ならない人」横山顕著

 連日の暑さでビールが欠かせない、という人は多いだろう。しかし、飲酒によって、がんを引き起こす体質の人がいるという。

 がんの誘引を左右するのが「ALDH2」という酵素だ。ALDH2は、体内でアルコールを分解するときに作られるアセトアルデヒドという毒物から身を守る役割を持っている。この酵素の働きが弱いと飲酒で顔が赤くなるわけだが、そういう人は、実は食道・頭頚部がんのリスクが大。毒性アセトアルデヒドの分解が遅いため、長時間さらされることになるためだ。

 また酒宴の翌日も酒臭い体質の人も要注意。ニオイが残るのはアルコール代謝が遅いのが原因だが、やはり長時間にわたって食道や咽頭が高濃度アセトアルデヒドにさらされ、発がん性が強く出てしまうという。

 他にもアルコール代謝の遅い人はビール腹になりやすいが、逆に代謝の早い人は肝障害が進行しやすいなど、体質とがんの関係、予防法までを解説。(星和書店 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事