「水素分子はかなりすごい 生命科学と医療効果の最前線」深井有著

公開日:  更新日:

「水もの商売」の宣伝本と思う人もいるかもしれない。しかし、ここで書かれている水素とは水やタンパク質、脂肪、炭水化物といった化合物としての水素ではなく、分子状水素(H2 )。その医療効果(水素分子医学)について現状と将来を紹介したものだ。著者は東大理学部物理学科を卒業後に「水素系の物理と材料科学」を専攻し、中央大学名誉教授や東大生産技術研究所客員研究員を務める科学者。医者とは違った視点で水素分子医学について書いている。

 水素には抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用、抗アレルギー作用、代謝改善作用などがあるという。濃度1・2PPMの水素水を1日900ミリリットルずつ8週間連続投与したところ、脂質と糖質の代謝が改善され症状が著しく改善したとの論文も紹介されている。栄養が化合物でなく分子で語られる時代に入ったことを実感できる一冊でもある。(光文社新書 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る