「死ぬ時に初めて気づく人生で大切なこと33」大津秀一著

公開日:  更新日:

 緩和医療医として、これまで2000人以上の末期がん患者を診療してきた著者が、自身の経験と患者との対話の中から、本当に幸せに生きるための日々の考え方を提言する。

「人生は大木である」――。ある80代の女性患者の言葉だという。大木は若木から育ち、天に枝を伸ばす。たくさんの生き物が大木を宿り木にする。大木は立ち続ける。時を経て、大木は年老いていく。枝は落ち、葉もなくなる。朽ちてゆく木は傷ついた樹皮をまといながら立っている。朽ちゆく木の状況は本当に意味がないのか。本当に悲しい木なのか。決してそうではない。

 老木は“ただ生きた”。別に何かを残そうなんて思わなかった。しかし、老木は何かを残した。完全に枯れ果てれば、土に返り、しばらくすれば大木が立っていたことさえも忘れさられるだろう。しかし、最初から何もなかったわけではない。そこに痕跡は残らなくても確かに木は生きたのだ。

 執着や執心から解放され、自由になれる考え方が詰まっている。(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る