「死ぬ時に初めて気づく人生で大切なこと33」大津秀一著

公開日: 更新日:

 緩和医療医として、これまで2000人以上の末期がん患者を診療してきた著者が、自身の経験と患者との対話の中から、本当に幸せに生きるための日々の考え方を提言する。

「人生は大木である」――。ある80代の女性患者の言葉だという。大木は若木から育ち、天に枝を伸ばす。たくさんの生き物が大木を宿り木にする。大木は立ち続ける。時を経て、大木は年老いていく。枝は落ち、葉もなくなる。朽ちてゆく木は傷ついた樹皮をまといながら立っている。朽ちゆく木の状況は本当に意味がないのか。本当に悲しい木なのか。決してそうではない。

 老木は“ただ生きた”。別に何かを残そうなんて思わなかった。しかし、老木は何かを残した。完全に枯れ果てれば、土に返り、しばらくすれば大木が立っていたことさえも忘れさられるだろう。しかし、最初から何もなかったわけではない。そこに痕跡は残らなくても確かに木は生きたのだ。

 執着や執心から解放され、自由になれる考え方が詰まっている。(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る