• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「死ぬ時に初めて気づく人生で大切なこと33」大津秀一著

 緩和医療医として、これまで2000人以上の末期がん患者を診療してきた著者が、自身の経験と患者との対話の中から、本当に幸せに生きるための日々の考え方を提言する。

「人生は大木である」――。ある80代の女性患者の言葉だという。大木は若木から育ち、天に枝を伸ばす。たくさんの生き物が大木を宿り木にする。大木は立ち続ける。時を経て、大木は年老いていく。枝は落ち、葉もなくなる。朽ちてゆく木は傷ついた樹皮をまといながら立っている。朽ちゆく木の状況は本当に意味がないのか。本当に悲しい木なのか。決してそうではない。

 老木は“ただ生きた”。別に何かを残そうなんて思わなかった。しかし、老木は何かを残した。完全に枯れ果てれば、土に返り、しばらくすれば大木が立っていたことさえも忘れさられるだろう。しかし、最初から何もなかったわけではない。そこに痕跡は残らなくても確かに木は生きたのだ。

 執着や執心から解放され、自由になれる考え方が詰まっている。(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る