「捕まえて、食べる」玉置標本著

公開日:  更新日:

 大学生の頃、「捕まえて、食べる」ことに開眼した著者。つい最近は、埼玉東部の川にスッポンがいるとの情報を聞きつけ、さっそく参戦する。竿を仕掛けるも、スッポンはなかなか現れない。諦めて帰ろうとした夕暮れ、念のため川中を歩いてみると、いた! 泥を吐かせ切った数日後、意を決してさばいて作ったスッポン鍋は、明らかに高級食材だとわかる味がしたという。

 また富山ではホタルイカすくいに挑戦。真夜中の海で網を構え、押し寄せてきた白波ごとイカをキャッチした。生で食べると寄生虫にあたるため、海水でひと茹で。醤油をつけて食すと肝のほのかな苦味と甘味が口いっぱいに広がった。

 そのほか、長野でのザザムシ漁体験、千葉県の外房エリアでは捕ったヒラツメガニをラーメンとパスタに料理など。資格不要の狩猟&料理の爆笑エッセー。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る