「捕まえて、食べる」玉置標本著

公開日: 更新日:

 大学生の頃、「捕まえて、食べる」ことに開眼した著者。つい最近は、埼玉東部の川にスッポンがいるとの情報を聞きつけ、さっそく参戦する。竿を仕掛けるも、スッポンはなかなか現れない。諦めて帰ろうとした夕暮れ、念のため川中を歩いてみると、いた! 泥を吐かせ切った数日後、意を決してさばいて作ったスッポン鍋は、明らかに高級食材だとわかる味がしたという。

 また富山ではホタルイカすくいに挑戦。真夜中の海で網を構え、押し寄せてきた白波ごとイカをキャッチした。生で食べると寄生虫にあたるため、海水でひと茹で。醤油をつけて食すと肝のほのかな苦味と甘味が口いっぱいに広がった。

 そのほか、長野でのザザムシ漁体験、千葉県の外房エリアでは捕ったヒラツメガニをラーメンとパスタに料理など。資格不要の狩猟&料理の爆笑エッセー。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る