• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「捕まえて、食べる」玉置標本著

 大学生の頃、「捕まえて、食べる」ことに開眼した著者。つい最近は、埼玉東部の川にスッポンがいるとの情報を聞きつけ、さっそく参戦する。竿を仕掛けるも、スッポンはなかなか現れない。諦めて帰ろうとした夕暮れ、念のため川中を歩いてみると、いた! 泥を吐かせ切った数日後、意を決してさばいて作ったスッポン鍋は、明らかに高級食材だとわかる味がしたという。

 また富山ではホタルイカすくいに挑戦。真夜中の海で網を構え、押し寄せてきた白波ごとイカをキャッチした。生で食べると寄生虫にあたるため、海水でひと茹で。醤油をつけて食すと肝のほのかな苦味と甘味が口いっぱいに広がった。

 そのほか、長野でのザザムシ漁体験、千葉県の外房エリアでは捕ったヒラツメガニをラーメンとパスタに料理など。資格不要の狩猟&料理の爆笑エッセー。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る