「声なき人々の戦後史(上・下)」鎌田慧著、聞き手・出河雅彦

公開日: 更新日:

「成長の時代が終わっても、リスクを背負わされる人の割合はむしろ増えている。政府も企業もいまだに効率性だけを追い求めているからである。私は戦後社会の現実を、犠牲を押し付けられる側から見続け、そのような犠牲のない世の中にしたい想いでルポルタージュを書き続けてきた」(プロローグ)

 朝日新聞・青森版に2014年3月から2年間、88回にわたって長期連載された「声なき人々の側で――ルポライター鎌田慧の軌跡」をまとめたもの。対馬のカドミウム中毒を追った「隠された公害」(1970年)、むつ小川原開発計画地域を取材した「死に絶えた風景」(1971年)から、トヨタ自動車での労働体験を書いた「自動車絶望工場」(1983年)や、近著の「ルポ 下北核半島」「ドキュメント 水平を求めて」まで。まさに著者のルポライター人生50年の軌跡は、戦後の大衆運動の歴史と重なり、豊かさとは何かを問いかけてくる。

(藤原書店 各2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  6. 6

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る