• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失われた図書館」A・M・ディーン著、池田真紀子訳

 アメリカ・ミネソタ州の大学で、朝の講義を終えた新米教授のエミリーは、敬愛する史学科の教授アルノが学内で何者かに殺されたと教えられる。エミリーが研究室に戻ると、アルノからの手紙が届いていた。死を察知していたアルノは、やり残した仕事をエミリーに引き継いでほしいと記していた。その仕事とは、古代アレクサンドリア図書館を探すことだった。手紙によると、紀元前3世紀の初めに創設され、数世紀後に突然消えたこの図書館が「現存」しているという。それに付随する「ソサエティー」も存続しているらしい。エミリーは死んだアルノに導かれ、イギリスに向かう。

 古代史最大の謎のひとつといわれるアレクサンドリア図書館をテーマにした壮大なミステリー。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る