「失われた図書館」A・M・ディーン著、池田真紀子訳

公開日:

 アメリカ・ミネソタ州の大学で、朝の講義を終えた新米教授のエミリーは、敬愛する史学科の教授アルノが学内で何者かに殺されたと教えられる。エミリーが研究室に戻ると、アルノからの手紙が届いていた。死を察知していたアルノは、やり残した仕事をエミリーに引き継いでほしいと記していた。その仕事とは、古代アレクサンドリア図書館を探すことだった。手紙によると、紀元前3世紀の初めに創設され、数世紀後に突然消えたこの図書館が「現存」しているという。それに付随する「ソサエティー」も存続しているらしい。エミリーは死んだアルノに導かれ、イギリスに向かう。

 古代史最大の謎のひとつといわれるアレクサンドリア図書館をテーマにした壮大なミステリー。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る