• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失われた図書館」A・M・ディーン著、池田真紀子訳

 アメリカ・ミネソタ州の大学で、朝の講義を終えた新米教授のエミリーは、敬愛する史学科の教授アルノが学内で何者かに殺されたと教えられる。エミリーが研究室に戻ると、アルノからの手紙が届いていた。死を察知していたアルノは、やり残した仕事をエミリーに引き継いでほしいと記していた。その仕事とは、古代アレクサンドリア図書館を探すことだった。手紙によると、紀元前3世紀の初めに創設され、数世紀後に突然消えたこの図書館が「現存」しているという。それに付随する「ソサエティー」も存続しているらしい。エミリーは死んだアルノに導かれ、イギリスに向かう。

 古代史最大の謎のひとつといわれるアレクサンドリア図書館をテーマにした壮大なミステリー。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る