• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「怪談」小池真理子著

 秋のある日、「私」は湖畔のペンションに向かう。タクシーの運転手は、ペット連れを受け入れることで知られるそのペンションに、単身で向かう私をいぶかる。実は、20年前、私が28歳のときにそのペンションに愛犬とともに宿泊した知人の達彦が「犬をよろしく」と書き置きを残し、岬の断崖から身を投げたのだ。

 当時、達彦から求愛されていた私は、最後までそれを受け入れなかった。それが彼の自殺の原因かどうかは今も分からない。以来、人生がうまくいかず、同じところをぐるぐると回っているような気がする私は、達彦が最後に宿泊したペンションが閉鎖すると聞き訪ねることにしたのだ。(「岬へ」)

 名手がつづる幻想怪奇小説集。

(集英社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る