• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「怪談」小池真理子著

 秋のある日、「私」は湖畔のペンションに向かう。タクシーの運転手は、ペット連れを受け入れることで知られるそのペンションに、単身で向かう私をいぶかる。実は、20年前、私が28歳のときにそのペンションに愛犬とともに宿泊した知人の達彦が「犬をよろしく」と書き置きを残し、岬の断崖から身を投げたのだ。

 当時、達彦から求愛されていた私は、最後までそれを受け入れなかった。それが彼の自殺の原因かどうかは今も分からない。以来、人生がうまくいかず、同じところをぐるぐると回っているような気がする私は、達彦が最後に宿泊したペンションが閉鎖すると聞き訪ねることにしたのだ。(「岬へ」)

 名手がつづる幻想怪奇小説集。

(集英社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る