「怪談」小池真理子著

公開日:  更新日:

 秋のある日、「私」は湖畔のペンションに向かう。タクシーの運転手は、ペット連れを受け入れることで知られるそのペンションに、単身で向かう私をいぶかる。実は、20年前、私が28歳のときにそのペンションに愛犬とともに宿泊した知人の達彦が「犬をよろしく」と書き置きを残し、岬の断崖から身を投げたのだ。

 当時、達彦から求愛されていた私は、最後までそれを受け入れなかった。それが彼の自殺の原因かどうかは今も分からない。以来、人生がうまくいかず、同じところをぐるぐると回っているような気がする私は、達彦が最後に宿泊したペンションが閉鎖すると聞き訪ねることにしたのだ。(「岬へ」)

 名手がつづる幻想怪奇小説集。

(集英社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る