「神童は大人になってどうなったのか」小林哲夫著

公開日:

 東京大学、財務省は神童の宝庫で、国家公務員試験で30位以内でないと財務省には入れない。そんな神童の一人が「バズーカ砲」と呼ばれる金融緩和政策を実施した黒田東彦日銀総裁だ。在学中に司法試験に合格し、国家公務員試験も2番で合格。あの金融政策で景気が改善したように見えたが、現状はもうひとつ。

 最近、登場した神童のスターが、前文部科学省事務次官の前川喜平だ。東大文Ⅰから文部省へ。小泉政権時代、公立小・中学校教職員の国庫負担分引き下げを自分のブログで批判しているし、加計学園の獣医学部認可問題でも「秘にしてはいけないものは、国民に知らせる」と発言している。「すごい人」「ただの人」になった神童を紹介。(太田出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る