• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「エロい昔ばなし研究」下川耿史著

 名作文学に描かれた日本人の性生活、性風俗を読み解きながら、日本人の性文化の歴史をたどる面白文学エッセー。

 古事記では、大国主命など、さまざまな名前で呼ばれる大黒様。因幡の白うさぎを助けたときは、実は日本初の夜ばいに出かける途中だったという。

 その他、「私も人妻と交わりたいから、他の人も自分の妻と交わって欲しい」という期待を歌うなど、「万葉集」の歌に見られるさまざまな愛と性の形、3000人以上の女性と関係した在原業平の一代記「伊勢物語」、「源氏物語」に描かれる売春宿など。奈良時代から昭和まで各時代の作品を一望。各作品を手掛かりに、専門家も避けて通り、学校でも決して教えてくれない日本人の性の本質に迫る。

 (KKベストセラーズ 815円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る