北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「この世の春」(上・下)宮部みゆき著

公開日:  更新日:

 宮部みゆきの作家生活30周年記念作品であり、2017年の新刊はこれだけというから、これはぜひ読まねばならない。しかしこれは、時代小説なのだが同時にミステリーでもあるので、粗筋紹介には注意が必要だ。

 冒頭で語られるのは、主君押込である。つまり家臣による主君の強制隠居。その理由は、当該の主君の不行跡と暴政だ。

 で、北見藩の6代目藩主、重興は座敷牢に押し込められ、多紀がその世話をすることになる。多紀が選ばれたのは、その母が、人の霊魂を操り、それと意思を通じ合わせる技(御霊繰)を持つ一族の出、だからである。その一族の血を引く者ならば、元主君の役に立つのではないかと、多紀に声がかかったというわけだ。つまり6代目藩主、重興の不行跡とは、何か人の霊魂を操る者に関係しているのではないか、というムードがここから伝わってくる。

 そうか、だから、「サイコ&ミステリー」なんだ、と思うところだが、そんな「フツーの話」を宮部みゆきが書くと思いますか? おっと、これ以上は紹介できない。

 構成が凝りに凝っていること、わき役たちの造形が秀逸なこと、暗く重い話であるのになんだか力がむくむくと湧いてくること――そのすべてが素晴らしい。これは宮部みゆきにしか書き得ない物語だ。

 2017年に小説を1冊だけ読むとするなら、本書だけでいい。そんな気がしてくる傑作である。

 (新潮社 各1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る