「オバさんになっても抱きしめたい」平安寿子著

公開日: 更新日:

 1985年生まれの美結は、物心ついた頃からバブル崩壊後の「不景気の申し子」として生きてきた。一方、美結の会社で女子社員を束ねる主任の里佳子は、1968年生まれでバブルの恩恵を味わいつくした世代。美結は、バブルで踊ってばかりいたのに自分の価値観で若い世代を教化しようとする里佳子に反感を抱く。

 おまけに「自分に投資」とファッションにも金をかける里佳子が、美結が密かに心を寄せる取引先の野々村になれなれしく声をかけるのも気に入らない。一方の里佳子に言わせれば、オクテの美結がじれったくて、行動を起こす機会を与えようとしているだけなのだが……。

 ジェネレーションギャップをテーマにしたバトル小説。

(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る