「オバさんになっても抱きしめたい」平安寿子著

公開日:  更新日:

 1985年生まれの美結は、物心ついた頃からバブル崩壊後の「不景気の申し子」として生きてきた。一方、美結の会社で女子社員を束ねる主任の里佳子は、1968年生まれでバブルの恩恵を味わいつくした世代。美結は、バブルで踊ってばかりいたのに自分の価値観で若い世代を教化しようとする里佳子に反感を抱く。

 おまけに「自分に投資」とファッションにも金をかける里佳子が、美結が密かに心を寄せる取引先の野々村になれなれしく声をかけるのも気に入らない。一方の里佳子に言わせれば、オクテの美結がじれったくて、行動を起こす機会を与えようとしているだけなのだが……。

 ジェネレーションギャップをテーマにしたバトル小説。

(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る