• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「オバさんになっても抱きしめたい」平安寿子著

 1985年生まれの美結は、物心ついた頃からバブル崩壊後の「不景気の申し子」として生きてきた。一方、美結の会社で女子社員を束ねる主任の里佳子は、1968年生まれでバブルの恩恵を味わいつくした世代。美結は、バブルで踊ってばかりいたのに自分の価値観で若い世代を教化しようとする里佳子に反感を抱く。

 おまけに「自分に投資」とファッションにも金をかける里佳子が、美結が密かに心を寄せる取引先の野々村になれなれしく声をかけるのも気に入らない。一方の里佳子に言わせれば、オクテの美結がじれったくて、行動を起こす機会を与えようとしているだけなのだが……。

 ジェネレーションギャップをテーマにしたバトル小説。

(祥伝社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る