「世界に広がる日本の職人」青山玲二郎著

公開日: 更新日:

 アジアのグローバル都市で、かつては日本的過ぎて通じないと思われてきた細かいサービスが現地の人々に選ばれているという。本書は、日本で技術を身につけ海外に移住した職人たちの働く現場をリポート。彼らの提供する日本的サービスが受ける背景を分析しながら、その価値と可能性について考察する。

 香港で高級寿司店を切り盛りする義秀さん(移住7年目)、バンコクの美容室でトップスタイリストを務めタイ人美容師を指導する裕子さん(6年)、シンガポールのバーで働くバーテンダーの洋二さん(5年)など。 それぞれが移住した経緯や、彼らの提供する技術やサービスが現地に受け入れられ、住人たちのライフスタイルにまで影響を及ぼしている姿を紹介する。

(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る