「引き潮」R・L・スティーヴンスン&ロイド・オズボーン著、駒月雅子訳

公開日: 更新日:

「ジキル博士とハイド氏」と「宝島」で有名なスティーヴンスンが、生前最後に発表した作品で、継子との共作。

 南太平洋、タヒチの浜辺に流れ着いた3人の男。オックスフォード出身でインテリのへリック。ニューイングランド出身のアメリカ人で、元船長のデイヴィス。ロンドンの下町育ちで、教養も品もないヒュイッシュ。いずれも人生の敗残者という趣で、あてどなく日々を過ごしていた。そこへ天然痘で船長を失った帆船を搬送する仕事が舞い込んだ。その船の積み荷に高価なシャンパンがあることを知ったヘリックらは乗っ取りを企てる。ところが嵐に遭遇し、海図にはない謎の島に漂着。その島はアトウォーターという男が仕切っており、この男と遭遇することで、3人の男たちの運命は大きく変転していく……。

 南海を舞台に、生まれも育った環境も異なる3人の男の野望と挫折をシニカルに描いたこの作品は、コナン・ドイルのお気に入りで、ぜひとも孫に読ませたい小説だと推奨したという。初の邦訳。

(国書刊行会 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る