「引き潮」R・L・スティーヴンスン&ロイド・オズボーン著、駒月雅子訳

公開日:

「ジキル博士とハイド氏」と「宝島」で有名なスティーヴンスンが、生前最後に発表した作品で、継子との共作。

 南太平洋、タヒチの浜辺に流れ着いた3人の男。オックスフォード出身でインテリのへリック。ニューイングランド出身のアメリカ人で、元船長のデイヴィス。ロンドンの下町育ちで、教養も品もないヒュイッシュ。いずれも人生の敗残者という趣で、あてどなく日々を過ごしていた。そこへ天然痘で船長を失った帆船を搬送する仕事が舞い込んだ。その船の積み荷に高価なシャンパンがあることを知ったヘリックらは乗っ取りを企てる。ところが嵐に遭遇し、海図にはない謎の島に漂着。その島はアトウォーターという男が仕切っており、この男と遭遇することで、3人の男たちの運命は大きく変転していく……。

 南海を舞台に、生まれも育った環境も異なる3人の男の野望と挫折をシニカルに描いたこの作品は、コナン・ドイルのお気に入りで、ぜひとも孫に読ませたい小説だと推奨したという。初の邦訳。

(国書刊行会 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る