「引き潮」R・L・スティーヴンスン&ロイド・オズボーン著、駒月雅子訳

公開日:

「ジキル博士とハイド氏」と「宝島」で有名なスティーヴンスンが、生前最後に発表した作品で、継子との共作。

 南太平洋、タヒチの浜辺に流れ着いた3人の男。オックスフォード出身でインテリのへリック。ニューイングランド出身のアメリカ人で、元船長のデイヴィス。ロンドンの下町育ちで、教養も品もないヒュイッシュ。いずれも人生の敗残者という趣で、あてどなく日々を過ごしていた。そこへ天然痘で船長を失った帆船を搬送する仕事が舞い込んだ。その船の積み荷に高価なシャンパンがあることを知ったヘリックらは乗っ取りを企てる。ところが嵐に遭遇し、海図にはない謎の島に漂着。その島はアトウォーターという男が仕切っており、この男と遭遇することで、3人の男たちの運命は大きく変転していく……。

 南海を舞台に、生まれも育った環境も異なる3人の男の野望と挫折をシニカルに描いたこの作品は、コナン・ドイルのお気に入りで、ぜひとも孫に読ませたい小説だと推奨したという。初の邦訳。

(国書刊行会 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る