「戦国、夢のかなた」岡本さとる著

公開日: 更新日:

 徳川軍の将・坂崎出羽守の軍陣で、ある青年が意識を取り戻すところから物語は始まる。体中に傷を負っている上に自分が誰であるかという記憶がない。

 六車大蔵という仮の名をもらい、門様と呼ばれる赤木森右衛門という男に誘われて、言われるがまま浪福丸という瀬戸内海で交易する船に乗り込んだが、門様もその所作から水夫の姿をしていても武士であるように思われた。

 そんな折、浪福丸が海賊船に襲われる。反射的に敵に立ち向かった大蔵は、体が覚えていた武術で船を守っている最中に、大坂城の本丸にいた自身の姿と本当の名を思い出すのだが……。

「必殺仕事人」や「水戸黄門」などのテレビ時代劇や舞台の脚本を手掛け、2010年に小説家デビューした著者による最新作。大坂の陣から島原の乱へと続く時代に、敗者となった落ち武士たちが、身分を隠して反旗を翻す日を待ち望む姿を描いている。戦国時代の有名人を、奇想天外な方法でからませる筋立てが楽しい。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る