「盤上の向日葵」柚月裕子著

公開日:  更新日:

 埼玉県の山中で、死後3年が経過したと思われる推定年齢40~50代の男性の白骨死体が発見された。駒袋といわれる袋に入った将棋の駒が遺体の肋骨付近から見つかり、しかも、その駒が初代菊水月作による600万円は下らない高価なものであったことから、遺体と将棋の駒の関係性が疑われた。

 捜査にあたるのは、かつてプロ棋士を目指していた経歴を持つ新米刑事の佐野と、たたき上げの刑事・石破。白骨化した遺体と将棋の駒との関係を解く鍵はどこにあるのか。

 ふたりは将棋界の注目の的となる竜昇戦の舞台である山形県天童市へと向かうのだが……。

 昨年「孤狼の血」で第69回日本推理作家協会賞を受賞した著者による、デビュー10年目の会心作。所有者が限定されている有名な将棋の駒の行方を確認しながら捜査を進めていく刑事側のストーリーと並行して、母親に先立たれ父親に虐待されながらも、抜群の将棋のセンスで自力でプロの道へ駆け上った青年の物語が語られていく。

 500ページを超える長編ながら、一手ずつ駒を進める将棋と一歩ずつ真相に近づくミステリーという組み合わせで、一気に読ませる。

(中央公論新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る