「盤上の向日葵」柚月裕子著

公開日:  更新日:

 埼玉県の山中で、死後3年が経過したと思われる推定年齢40~50代の男性の白骨死体が発見された。駒袋といわれる袋に入った将棋の駒が遺体の肋骨付近から見つかり、しかも、その駒が初代菊水月作による600万円は下らない高価なものであったことから、遺体と将棋の駒の関係性が疑われた。

 捜査にあたるのは、かつてプロ棋士を目指していた経歴を持つ新米刑事の佐野と、たたき上げの刑事・石破。白骨化した遺体と将棋の駒との関係を解く鍵はどこにあるのか。

 ふたりは将棋界の注目の的となる竜昇戦の舞台である山形県天童市へと向かうのだが……。

 昨年「孤狼の血」で第69回日本推理作家協会賞を受賞した著者による、デビュー10年目の会心作。所有者が限定されている有名な将棋の駒の行方を確認しながら捜査を進めていく刑事側のストーリーと並行して、母親に先立たれ父親に虐待されながらも、抜群の将棋のセンスで自力でプロの道へ駆け上った青年の物語が語られていく。

 500ページを超える長編ながら、一手ずつ駒を進める将棋と一歩ずつ真相に近づくミステリーという組み合わせで、一気に読ませる。

(中央公論新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る