「いとも優雅な意地悪の教本」橋本治著

公開日:  更新日:

 むき出しの敵意がこもったストレートな言葉が行き交う現代社会。そこに充満する暴力的エネルギー、不穏な空気を変換する「意地悪」の効果と技術について語った異色の社会・文芸評論。

 意地悪と暴力はどう違うのか。暴力は単純な行為なので誰がやったのかすぐ分かり、その単純さゆえに波及する。一方の意地悪は複雑な行為で、「誰がやったか」がすぐに分かってはいけないというのは当たり前。考えてしばらくして「意地悪された」と気がつくのが意地悪で、意地悪であるかどうかすぐには分からないのが意地悪なのだと説く。

 メリル・ストリープが女性誌の編集長を演じた映画や夏目漱石の作品などをテキストに、さまざまな視点から意地悪について論じる。

(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る