「いとも優雅な意地悪の教本」橋本治著

公開日: 更新日:

 むき出しの敵意がこもったストレートな言葉が行き交う現代社会。そこに充満する暴力的エネルギー、不穏な空気を変換する「意地悪」の効果と技術について語った異色の社会・文芸評論。

 意地悪と暴力はどう違うのか。暴力は単純な行為なので誰がやったのかすぐ分かり、その単純さゆえに波及する。一方の意地悪は複雑な行為で、「誰がやったか」がすぐに分かってはいけないというのは当たり前。考えてしばらくして「意地悪された」と気がつくのが意地悪で、意地悪であるかどうかすぐには分からないのが意地悪なのだと説く。

 メリル・ストリープが女性誌の編集長を演じた映画や夏目漱石の作品などをテキストに、さまざまな視点から意地悪について論じる。

(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード