「いとも優雅な意地悪の教本」橋本治著

公開日: 更新日:

 むき出しの敵意がこもったストレートな言葉が行き交う現代社会。そこに充満する暴力的エネルギー、不穏な空気を変換する「意地悪」の効果と技術について語った異色の社会・文芸評論。

 意地悪と暴力はどう違うのか。暴力は単純な行為なので誰がやったのかすぐ分かり、その単純さゆえに波及する。一方の意地悪は複雑な行為で、「誰がやったか」がすぐに分かってはいけないというのは当たり前。考えてしばらくして「意地悪された」と気がつくのが意地悪で、意地悪であるかどうかすぐには分からないのが意地悪なのだと説く。

 メリル・ストリープが女性誌の編集長を演じた映画や夏目漱石の作品などをテキストに、さまざまな視点から意地悪について論じる。

(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る