「日本ボロ宿紀行」上明戸聡著

公開日: 更新日:

 歴史的価値のある宿から古い安宿まで、昔ながらの営業を続けている各地の「ボロ宿」を巡る紀行エッセー。

 八戸の「新むつ旅館」は、明治31年に創業した遊郭が戦後に転業したもので、館内の随所に当時の面影が残っている。迷路のような内部を探索したり、女将の語る宿の歴史や古い建物を維持する苦労話に耳を傾ける。

 そのほか、千葉県佐原の「木の下旅館」のように有名な由緒ある宿から、外見は廃虚のようで今にも崩壊しそうな那須湯本の「喜楽旅館」や、部屋の障子は破れ、トイレはくみ取りという正真正銘のボロ宿だが、温泉がピカイチで入浴客が引きも切らない鹿児島の秘湯・白木川温泉「旭屋旅館」まで。消えゆく宿文化を求めて全国を旅する。 (鉄人社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る