「日本ボロ宿紀行」上明戸聡著

公開日:  更新日:

 歴史的価値のある宿から古い安宿まで、昔ながらの営業を続けている各地の「ボロ宿」を巡る紀行エッセー。

 八戸の「新むつ旅館」は、明治31年に創業した遊郭が戦後に転業したもので、館内の随所に当時の面影が残っている。迷路のような内部を探索したり、女将の語る宿の歴史や古い建物を維持する苦労話に耳を傾ける。

 そのほか、千葉県佐原の「木の下旅館」のように有名な由緒ある宿から、外見は廃虚のようで今にも崩壊しそうな那須湯本の「喜楽旅館」や、部屋の障子は破れ、トイレはくみ取りという正真正銘のボロ宿だが、温泉がピカイチで入浴客が引きも切らない鹿児島の秘湯・白木川温泉「旭屋旅館」まで。消えゆく宿文化を求めて全国を旅する。 (鉄人社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る