「日本ボロ宿紀行」上明戸聡著

公開日: 更新日:

 歴史的価値のある宿から古い安宿まで、昔ながらの営業を続けている各地の「ボロ宿」を巡る紀行エッセー。

 八戸の「新むつ旅館」は、明治31年に創業した遊郭が戦後に転業したもので、館内の随所に当時の面影が残っている。迷路のような内部を探索したり、女将の語る宿の歴史や古い建物を維持する苦労話に耳を傾ける。

 そのほか、千葉県佐原の「木の下旅館」のように有名な由緒ある宿から、外見は廃虚のようで今にも崩壊しそうな那須湯本の「喜楽旅館」や、部屋の障子は破れ、トイレはくみ取りという正真正銘のボロ宿だが、温泉がピカイチで入浴客が引きも切らない鹿児島の秘湯・白木川温泉「旭屋旅館」まで。消えゆく宿文化を求めて全国を旅する。 (鉄人社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る