「巨大倒産」有森隆著

公開日: 更新日:

 うちの会社は大丈夫か――。サラリーマンに話題の一冊がある。有森隆著の「巨大倒産――『絶対潰れない会社』を潰した社長たち」(さくら舎)だ。

 上場廃止の危機に直面している東芝にしても、多くの社員は「まさか倒産することはないだろう」とタカをくくっているに違いない。

 だが、過去に巨大企業の倒産はいくつも起きている。今年6月にはタカタ(東証1部)が経営破綻。負債総額1兆7000億円で、製造業としては戦後最悪だった。本書は、「三代目が世界シェア2位企業を潰した」とし、タカタの高田重久会長兼社長はリーダーの器ではなかったと指摘した。

 そのほか、世界の名画を買い漁った大昭和製紙の斉藤了英氏や、造船業界の救世主といわれた佐世保重工の坪内寿夫氏、ミサワホームの三沢千代治氏、安宅産業の安宅英一氏、三光汽船の河本敏夫氏と岡庭博氏ら、一時代を築いた経営者にスポットを当て、彼らはなぜ会社を潰したのか――に迫った。

 さらに流通業界の2大巨頭、セゾングループの堤清二氏と、そごうの水島広雄氏の「絶頂と転落」も丁寧に描いている。台湾・鴻海の傘下に入ったシャープは、町田勝彦氏ら経営陣の内紛が崩壊の一因と分析している。

 全9ケースの巨大倒産・解体から見えてくる“失敗する社長の本質”とは……。わが社のトップは? サラリーマン必読の書だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る