「巨大倒産」有森隆著

公開日:  更新日:

 うちの会社は大丈夫か――。サラリーマンに話題の一冊がある。有森隆著の「巨大倒産――『絶対潰れない会社』を潰した社長たち」(さくら舎)だ。

 上場廃止の危機に直面している東芝にしても、多くの社員は「まさか倒産することはないだろう」とタカをくくっているに違いない。

 だが、過去に巨大企業の倒産はいくつも起きている。今年6月にはタカタ(東証1部)が経営破綻。負債総額1兆7000億円で、製造業としては戦後最悪だった。本書は、「三代目が世界シェア2位企業を潰した」とし、タカタの高田重久会長兼社長はリーダーの器ではなかったと指摘した。

 そのほか、世界の名画を買い漁った大昭和製紙の斉藤了英氏や、造船業界の救世主といわれた佐世保重工の坪内寿夫氏、ミサワホームの三沢千代治氏、安宅産業の安宅英一氏、三光汽船の河本敏夫氏と岡庭博氏ら、一時代を築いた経営者にスポットを当て、彼らはなぜ会社を潰したのか――に迫った。

 さらに流通業界の2大巨頭、セゾングループの堤清二氏と、そごうの水島広雄氏の「絶頂と転落」も丁寧に描いている。台湾・鴻海の傘下に入ったシャープは、町田勝彦氏ら経営陣の内紛が崩壊の一因と分析している。

 全9ケースの巨大倒産・解体から見えてくる“失敗する社長の本質”とは……。わが社のトップは? サラリーマン必読の書だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る