史実をもとにした傑作長編

公開日: 更新日:

「ピエタ」大島真寿美著 ポプラ文庫 680円+税

 イタリアの作曲家ビバルディといえば協奏曲「四季」というほど、その人気は絶大で、イ・ムジチ合奏団による「四季」のレコード売り上げは全世界で950万枚というクラシック音楽では驚異的な数字を記録。これほど有名なビバルディだが、200年ほどその名は忘れられていて、その生涯も近年ようやく明らかになってきた。  本書は、ビバルディが故郷のベネチアのピエタ慈善院付属の音楽院で孤児たちにバイオリンを教えていた史実をもとに描かれた小説だ。

【あらすじ】生まれてすぐピエタに捨てられたエミーリアは、ビバルディの指導する〈合奏・合唱の娘たち〉の一員としてビバルディから音楽の手ほどきを受け、45歳になる今日までこの慈善院で仕事を手伝っていた。その彼女に、恩師がウィーンで客死したという知らせが届く。

 かつてピエタへビバルディにバイオリンを習いにきていた貴族の娘、ヴェロニカにその話をすると、こんなことを言い出した。あるとき、ビバルディが技術の拙い彼女用に楽譜を書いてくれて、彼女はその裏に詩を書き付けたのだという。その楽譜を見つけてくれたらピエタに大口の寄付をしてもいいという。ビバルディが去って以来、財政が逼迫していたピエタにとって願ってもない申し出である。

 エミーリアは書簡を捜すべく、ビバルディの姉妹や彼と恋仲にあると噂された女性歌手などから話を聞き、ある高級娼婦の存在を知る。司祭の資格を持つ恩師が娼婦と関係していたとは、と衝撃を受けるエミーリアだが、その裏にはべネチアの貴族社会の確執があった――。

【読みどころ】孤児という宿命を負った女性と、ベネチアの貴族社会から疎まれた作曲家の魂が共鳴して、独特の旋律を奏でる傑作。

<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る

人気キーワード