「素晴らしき洞窟探検の世界」吉田勝次著

公開日: 更新日:

 国内外の洞窟を1000以上も潜ってきた探検家による洞窟探検への招待状。

 携帯電話もGPSも使えない非日常の世界が広がる地底は、探検家にとって人の力のみで行ける唯一の人類未踏の地。欧米では「ケイビング」というアウトドアスポーツとして人気がある洞窟探検は、考古学や地質学など多種多様な学問とも密接に関係があり、毎回、何かしらの発見があるという。グーグルアースと地形・地質図を駆使して数多くの未踏洞窟を探し出してきた著者。そのひとつで、16年測量を続けてもまだ全貌が分からないという三重県の大洞窟「霧穴」をはじめ、これまで潜ってきた洞窟に読者を紙上で案内。時には死と隣り合わせの体験をしながらも、やめられないその魅力を語り尽くす。

 (筑摩書房 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る