「素晴らしき洞窟探検の世界」吉田勝次著

公開日: 更新日:

 国内外の洞窟を1000以上も潜ってきた探検家による洞窟探検への招待状。

 携帯電話もGPSも使えない非日常の世界が広がる地底は、探検家にとって人の力のみで行ける唯一の人類未踏の地。欧米では「ケイビング」というアウトドアスポーツとして人気がある洞窟探検は、考古学や地質学など多種多様な学問とも密接に関係があり、毎回、何かしらの発見があるという。グーグルアースと地形・地質図を駆使して数多くの未踏洞窟を探し出してきた著者。そのひとつで、16年測量を続けてもまだ全貌が分からないという三重県の大洞窟「霧穴」をはじめ、これまで潜ってきた洞窟に読者を紙上で案内。時には死と隣り合わせの体験をしながらも、やめられないその魅力を語り尽くす。

 (筑摩書房 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード