「素晴らしき洞窟探検の世界」吉田勝次著

公開日:  更新日:

 国内外の洞窟を1000以上も潜ってきた探検家による洞窟探検への招待状。

 携帯電話もGPSも使えない非日常の世界が広がる地底は、探検家にとって人の力のみで行ける唯一の人類未踏の地。欧米では「ケイビング」というアウトドアスポーツとして人気がある洞窟探検は、考古学や地質学など多種多様な学問とも密接に関係があり、毎回、何かしらの発見があるという。グーグルアースと地形・地質図を駆使して数多くの未踏洞窟を探し出してきた著者。そのひとつで、16年測量を続けてもまだ全貌が分からないという三重県の大洞窟「霧穴」をはじめ、これまで潜ってきた洞窟に読者を紙上で案内。時には死と隣り合わせの体験をしながらも、やめられないその魅力を語り尽くす。

 (筑摩書房 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る