「素晴らしき洞窟探検の世界」吉田勝次著

公開日:  更新日:

 国内外の洞窟を1000以上も潜ってきた探検家による洞窟探検への招待状。

 携帯電話もGPSも使えない非日常の世界が広がる地底は、探検家にとって人の力のみで行ける唯一の人類未踏の地。欧米では「ケイビング」というアウトドアスポーツとして人気がある洞窟探検は、考古学や地質学など多種多様な学問とも密接に関係があり、毎回、何かしらの発見があるという。グーグルアースと地形・地質図を駆使して数多くの未踏洞窟を探し出してきた著者。そのひとつで、16年測量を続けてもまだ全貌が分からないという三重県の大洞窟「霧穴」をはじめ、これまで潜ってきた洞窟に読者を紙上で案内。時には死と隣り合わせの体験をしながらも、やめられないその魅力を語り尽くす。

 (筑摩書房 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る