「子どもの病気 常識のウソ」松永正訓著

公開日: 更新日:

 19年間、大学病院の小児外科で手術や抗がん剤治療に携わり、11年前から小児クリニックの院長になったという著者が小児医療の「常識」に問題提起した本。例えば「早く風邪薬を飲むと、早く効くような印象があるが、本当なのか?」という疑問に、「人類は風邪ウイルスを退治できない」と断言し、「風邪がひどくならないうちにクリニックを受診すれば、早く風邪が治るというのはウソ」と教えてくれる。それどころか、過去の風邪薬の中には無効な成分や危険な成分が含まれていたというから驚きだ。

 ほかにも「アトピー性皮膚炎にステロイドは危ないのか?」「モーチョーは簡単な病気なのか?」など親が陥りやすい誤解や思い込みを正確な医学知識で解いてくれる。

(中公新書ラクレ 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  5. 5

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  6. 6

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  7. 7

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  8. 8

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  9. 9

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  10. 10

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

もっと見る

人気キーワード