「子どもの病気 常識のウソ」松永正訓著

公開日: 更新日:

 19年間、大学病院の小児外科で手術や抗がん剤治療に携わり、11年前から小児クリニックの院長になったという著者が小児医療の「常識」に問題提起した本。例えば「早く風邪薬を飲むと、早く効くような印象があるが、本当なのか?」という疑問に、「人類は風邪ウイルスを退治できない」と断言し、「風邪がひどくならないうちにクリニックを受診すれば、早く風邪が治るというのはウソ」と教えてくれる。それどころか、過去の風邪薬の中には無効な成分や危険な成分が含まれていたというから驚きだ。

 ほかにも「アトピー性皮膚炎にステロイドは危ないのか?」「モーチョーは簡単な病気なのか?」など親が陥りやすい誤解や思い込みを正確な医学知識で解いてくれる。

(中公新書ラクレ 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る