• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「二子玉川物語」吉村喜彦著

 月曜の夕方、二子玉川の多摩川のほとりにあるバー「リバーサイド」の開店と同時に常連客の若松が来店する。月曜日は彼が義父から継いだ寿司屋の休業日だった。冷えたモヒートを口に運びながら、若松は母親が遠足の弁当に持たせてくれたかんぴょう巻きについて語りだす。大阪で育った若松だが、母は東京出身だった。当時はそのかんぴょう巻きが貧乏くさくて嫌だったが、大人になって久しぶりに口にするとそのおいしさにびっくりしたという。モヒートのミントの苦味のように、食べ物や飲み物には苦味が大切なのだと気がついたからだ。(「海からの風」)

 マスター川原とアシスタントの琉平、そして客たちの人生のドラマを美酒美味とともに描くハートフルストーリー。

(角川春樹事務所 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る