「二子玉川物語」吉村喜彦著

公開日:  更新日:

 月曜の夕方、二子玉川の多摩川のほとりにあるバー「リバーサイド」の開店と同時に常連客の若松が来店する。月曜日は彼が義父から継いだ寿司屋の休業日だった。冷えたモヒートを口に運びながら、若松は母親が遠足の弁当に持たせてくれたかんぴょう巻きについて語りだす。大阪で育った若松だが、母は東京出身だった。当時はそのかんぴょう巻きが貧乏くさくて嫌だったが、大人になって久しぶりに口にするとそのおいしさにびっくりしたという。モヒートのミントの苦味のように、食べ物や飲み物には苦味が大切なのだと気がついたからだ。(「海からの風」)

 マスター川原とアシスタントの琉平、そして客たちの人生のドラマを美酒美味とともに描くハートフルストーリー。

(角川春樹事務所 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る