• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2030年の旅」恩田陸ほか著

 康久と喜良は、友人の十時(ととき)が暮らすイギリスのとある街に立つ。しかし、実際には康久の体はマレーシア、喜良は香港にあり、「リモート・リアル」の技術によって十時の脳を介してイメージを共有しているだけだ。それでも2人にはその場にいるように感じられる。

 十時が2人を導いたのは、ウオーキング用に整備された「フットパス」だった。実は2週間前に天文学者の十時は、学会で一緒になった3人の研究者とこの道を散歩したのだが、その中のひとりが大切な懐中時計を落としてしまったという。いくら捜しても見つからず、2人に助けを求めてきたのだ。(恩田陸著「逍遥」)

 ほか、瀬名秀明氏や小路幸也氏ら人気作家8人がオリンピックからさらに10年後の2030年を舞台に描いた作品集。

(中央公論新社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る