「2030年の旅」恩田陸ほか著

公開日:  更新日:

 康久と喜良は、友人の十時(ととき)が暮らすイギリスのとある街に立つ。しかし、実際には康久の体はマレーシア、喜良は香港にあり、「リモート・リアル」の技術によって十時の脳を介してイメージを共有しているだけだ。それでも2人にはその場にいるように感じられる。

 十時が2人を導いたのは、ウオーキング用に整備された「フットパス」だった。実は2週間前に天文学者の十時は、学会で一緒になった3人の研究者とこの道を散歩したのだが、その中のひとりが大切な懐中時計を落としてしまったという。いくら捜しても見つからず、2人に助けを求めてきたのだ。(恩田陸著「逍遥」)

 ほか、瀬名秀明氏や小路幸也氏ら人気作家8人がオリンピックからさらに10年後の2030年を舞台に描いた作品集。

(中央公論新社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る