• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2030年の旅」恩田陸ほか著

 康久と喜良は、友人の十時(ととき)が暮らすイギリスのとある街に立つ。しかし、実際には康久の体はマレーシア、喜良は香港にあり、「リモート・リアル」の技術によって十時の脳を介してイメージを共有しているだけだ。それでも2人にはその場にいるように感じられる。

 十時が2人を導いたのは、ウオーキング用に整備された「フットパス」だった。実は2週間前に天文学者の十時は、学会で一緒になった3人の研究者とこの道を散歩したのだが、その中のひとりが大切な懐中時計を落としてしまったという。いくら捜しても見つからず、2人に助けを求めてきたのだ。(恩田陸著「逍遥」)

 ほか、瀬名秀明氏や小路幸也氏ら人気作家8人がオリンピックからさらに10年後の2030年を舞台に描いた作品集。

(中央公論新社 540円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る