「皮膚は『心』を持っていた!『第二の脳』ともいわれる皮膚がストレスを消す」山口創著

公開日:

 皮膚は「第二の脳」であり、肌に触れることは、心に触れることだ。そう考える著者は身体心理学を30年間研究し続ける桜美林大学教授で臨床発達心理士。皮膚は聞き、感知し、記憶するという。

 そもそも皮膚と脳はもともと同じ外胚葉から分化したもので、根は同じ。だからこそ皮膚は脳に勝るとも劣らない情報処理能力を備え、突出した面積の広さから、多くの感覚を感知しているのだという。

 皮膚は耳では聞こえない超音波や低周音を知り、光や色すらも感じる。

 こうした皮膚の仕組みがわかれば仕事や人間関係もうまくいくに違いない。

(青春新書 930円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る