• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「皮膚は『心』を持っていた!『第二の脳』ともいわれる皮膚がストレスを消す」山口創著

 皮膚は「第二の脳」であり、肌に触れることは、心に触れることだ。そう考える著者は身体心理学を30年間研究し続ける桜美林大学教授で臨床発達心理士。皮膚は聞き、感知し、記憶するという。

 そもそも皮膚と脳はもともと同じ外胚葉から分化したもので、根は同じ。だからこそ皮膚は脳に勝るとも劣らない情報処理能力を備え、突出した面積の広さから、多くの感覚を感知しているのだという。

 皮膚は耳では聞こえない超音波や低周音を知り、光や色すらも感じる。

 こうした皮膚の仕組みがわかれば仕事や人間関係もうまくいくに違いない。

(青春新書 930円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る