「藤井聡太 天才はいかに生まれたか」松本博文著

公開日: 更新日:

 デビュー以来、史上最多の29連勝を達成し、空前の将棋ブームを巻き起こした藤井聡太四段の生い立ちと、その活躍を追ったルポルタージュ。

 ごく普通の家庭に生まれた藤井四段は、5歳で出合った将棋に夢中になり、6歳のときには「おおきくなったらしょうぎのめいじんになりたい」と言っていたそうだ。同じころ、祖母が見つけてきてくれた近所の子ども将棋教室に通い始めた藤井少年は、小学校1年で将棋連盟の研修会に通うようになった。会の幹事役で、後に師匠となる杉本七段によると、初対面の時から突出した才能を感じたという。

 そんな将棋との出合いから未曽有の29連勝の一つ一つの対戦まで。その軌跡を振り返りながら、強さの秘密に迫る。

(NHK出版 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る