「ワクチン 副作用の恐怖」近藤誠著

公開日: 更新日:

 病気にならない、重症化させないために接種するワクチン。厚労省に承認されているのだから有効で安全であると、多くの日本人が信じている。しかし、効果に疑問があるばかりか、恐ろしい副作用の危険をはらむワクチンもあると、本書は警告している。

 日本人の死亡原因は長い間、がん、心疾患、脳血管疾患の順だった。ところが2011年からは、肺炎が脳血管疾患を上回っている。そこで国は高齢者への肺炎球菌ワクチンの定期接種化をスタートしたのだが、決め手となった論文には副作用の記載がないという。ほかの論文には、呼吸困難や知覚異常などの重大な副作用が示されていたにもかかわらず、である。

 さらに、ワクチンを接種した群としていない群を比較すると、前者の方が総死亡数が多いというデータもある。ちなみに、このワクチンの定期接種化により、毎年100億円以上が国庫から製薬会社に流れているそうだ。肺炎が日本人の死因第3位になったのは、肺炎球菌肺炎が増えたからではなく、要介護の高齢者が増加し、誤嚥による肺炎が増えたためと著者。だとすれば、肺炎球菌ワクチンでこれを予防するというアイデア自体に無理がある。

 他にも、インフルエンザワクチンによる脳神経の破壊で起こるナルコレプシー(眠り病)や麻疹ワクチンによる脳症など、知らなかったでは済まされないワクチン別の副作用ガイドも掲載。子供でも大人でも、ワクチン接種には細心の注意を払わなければならない。(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  10. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る