「ワクチン 副作用の恐怖」近藤誠著

公開日: 更新日:

 病気にならない、重症化させないために接種するワクチン。厚労省に承認されているのだから有効で安全であると、多くの日本人が信じている。しかし、効果に疑問があるばかりか、恐ろしい副作用の危険をはらむワクチンもあると、本書は警告している。

 日本人の死亡原因は長い間、がん、心疾患、脳血管疾患の順だった。ところが2011年からは、肺炎が脳血管疾患を上回っている。そこで国は高齢者への肺炎球菌ワクチンの定期接種化をスタートしたのだが、決め手となった論文には副作用の記載がないという。ほかの論文には、呼吸困難や知覚異常などの重大な副作用が示されていたにもかかわらず、である。

 さらに、ワクチンを接種した群としていない群を比較すると、前者の方が総死亡数が多いというデータもある。ちなみに、このワクチンの定期接種化により、毎年100億円以上が国庫から製薬会社に流れているそうだ。肺炎が日本人の死因第3位になったのは、肺炎球菌肺炎が増えたからではなく、要介護の高齢者が増加し、誤嚥による肺炎が増えたためと著者。だとすれば、肺炎球菌ワクチンでこれを予防するというアイデア自体に無理がある。

 他にも、インフルエンザワクチンによる脳神経の破壊で起こるナルコレプシー(眠り病)や麻疹ワクチンによる脳症など、知らなかったでは済まされないワクチン別の副作用ガイドも掲載。子供でも大人でも、ワクチン接種には細心の注意を払わなければならない。(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る

人気キーワード