「ワクチン 副作用の恐怖」近藤誠著

公開日:  更新日:

 病気にならない、重症化させないために接種するワクチン。厚労省に承認されているのだから有効で安全であると、多くの日本人が信じている。しかし、効果に疑問があるばかりか、恐ろしい副作用の危険をはらむワクチンもあると、本書は警告している。

 日本人の死亡原因は長い間、がん、心疾患、脳血管疾患の順だった。ところが2011年からは、肺炎が脳血管疾患を上回っている。そこで国は高齢者への肺炎球菌ワクチンの定期接種化をスタートしたのだが、決め手となった論文には副作用の記載がないという。ほかの論文には、呼吸困難や知覚異常などの重大な副作用が示されていたにもかかわらず、である。

 さらに、ワクチンを接種した群としていない群を比較すると、前者の方が総死亡数が多いというデータもある。ちなみに、このワクチンの定期接種化により、毎年100億円以上が国庫から製薬会社に流れているそうだ。肺炎が日本人の死因第3位になったのは、肺炎球菌肺炎が増えたからではなく、要介護の高齢者が増加し、誤嚥による肺炎が増えたためと著者。だとすれば、肺炎球菌ワクチンでこれを予防するというアイデア自体に無理がある。

 他にも、インフルエンザワクチンによる脳神経の破壊で起こるナルコレプシー(眠り病)や麻疹ワクチンによる脳症など、知らなかったでは済まされないワクチン別の副作用ガイドも掲載。子供でも大人でも、ワクチン接種には細心の注意を払わなければならない。(文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る