「ゲノムが語る人類全史」アダム・ラザフォード著 垂水雄二訳 篠田謙一解説

公開日: 更新日:

 DNA解読技術が進み、ネアンデルタール人の骨髄から採取されたミトコンドリアDNAはすべての現生人類のミトコンドリアDNAとは異なることがわかった。ところが、クロアチアで発見された3万8000年前のネアンデルタール人のDNAから、われわれの祖先であるホモサピエンスとの交配があったことがわかった。ヨーロッパ人のDNAの2・7%がネアンデルタール人由来だという。また、ネアンデルタール人はシベリアの奥地で発見された第3の人類、デニソワ人とも交配していた。デニソワ人のDNAからは、骨が見つかっていない第4の人類との交雑が判明している。

 書き換えられた人類進化の歴史を解説する。

(文藝春秋 2250円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る