「ゲノムが語る人類全史」アダム・ラザフォード著 垂水雄二訳 篠田謙一解説

公開日: 更新日:

 DNA解読技術が進み、ネアンデルタール人の骨髄から採取されたミトコンドリアDNAはすべての現生人類のミトコンドリアDNAとは異なることがわかった。ところが、クロアチアで発見された3万8000年前のネアンデルタール人のDNAから、われわれの祖先であるホモサピエンスとの交配があったことがわかった。ヨーロッパ人のDNAの2・7%がネアンデルタール人由来だという。また、ネアンデルタール人はシベリアの奥地で発見された第3の人類、デニソワ人とも交配していた。デニソワ人のDNAからは、骨が見つかっていない第4の人類との交雑が判明している。

 書き換えられた人類進化の歴史を解説する。

(文藝春秋 2250円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る