「ゲノムが語る人類全史」アダム・ラザフォード著 垂水雄二訳 篠田謙一解説

公開日: 更新日:

 DNA解読技術が進み、ネアンデルタール人の骨髄から採取されたミトコンドリアDNAはすべての現生人類のミトコンドリアDNAとは異なることがわかった。ところが、クロアチアで発見された3万8000年前のネアンデルタール人のDNAから、われわれの祖先であるホモサピエンスとの交配があったことがわかった。ヨーロッパ人のDNAの2・7%がネアンデルタール人由来だという。また、ネアンデルタール人はシベリアの奥地で発見された第3の人類、デニソワ人とも交配していた。デニソワ人のDNAからは、骨が見つかっていない第4の人類との交雑が判明している。

 書き換えられた人類進化の歴史を解説する。

(文藝春秋 2250円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る