「それは宇宙人のしわざです」葉山透著

公開日:  更新日:

 ファッション雑誌「LiLi」の廃刊で、オカルト雑誌「アトランティス」編集部に転属した編集者・園田雛子は、異動初日に「宇宙人にさらわれた」らしい少年へのインタビューを命じられる。

 二宮竜胆というその少年は、高校生なのに超高層マンションの最上階にひとりで住む引きこもり。

 外からの侵入者を受け入れない竜胆だったが、宇宙人の話と聞いて雛子を家に招き入れた。宇宙人との交信について少年の話を聞いた後、早々に引き揚げようとする雛子に、竜胆は周りでおかしなことが起きるかもしれないから気を付けてという助言をする。するとその後、雛子が刃物を持った全身黒ずくめの男に追いかけられるという事件が発生。竜胆がボディーガードになると言い出すのだが……。

「9S」や「0能者ミナト」など、ヒットシリーズを手掛ける著者による書き下ろしエンターテインメント小説。

 宇宙人オタクの少年と女性編集者の掛け合いが楽しい。(幻冬舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る