• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「サイレント・スクリーム」アンジェラ・マーソンズ著、高山真由美訳

 異色警察小説の登場である。何が異色かというと、ヒロインの圧倒的な個性の爆発に、クラクラしてしまうからだ。すごいぞ。

 そのヒロインとは、ウエスト・ミッドランズ警察の女性警部キム・ストーンだ。34歳独身。趣味はバイク。10年前に閉鎖された児童養護施設をめぐる謎を、1回り年上の部下ブライアンとともに調べ始めるという話だが、このヒロイン、上司の言うことは聞かず、思いつくと後先考えずに飛び出していくから、ブライアンも大変だ。

 しかし徐々に判明してくるのだが、後先考えずに飛び出していくのは、このヒロインがあわて者というわけではない。キム・ストーンには過酷な幼少時代を送ってきたという経緯がある。だから、児童養護施設をめぐる事件が彼女にとっては他人事ではないのだ。規律を乱し、乱暴で、無軌道に見えるキム・ストーンの行動は、彼女の体に眠る熱い感情にほかならない。

 もちろん警察小説としての面白さも十分だが、彼女はどういう幼少時代を過ごしてきたんだろうという興味がむくむくと湧き起こってくる。まだ語られていないことはたくさんあるので、それは今後の楽しみにしたい。

 著者は本書の電子書籍版でデビューしたイギリスミステリー界の新星で、もちろん日本紹介も初。このキム・ストーンを主人公にしたシリーズはイギリスですでに7作まで書かれているという。ぜひ続刊を期待したい。 (早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る