• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「サイレント・スクリーム」アンジェラ・マーソンズ著、高山真由美訳

 異色警察小説の登場である。何が異色かというと、ヒロインの圧倒的な個性の爆発に、クラクラしてしまうからだ。すごいぞ。

 そのヒロインとは、ウエスト・ミッドランズ警察の女性警部キム・ストーンだ。34歳独身。趣味はバイク。10年前に閉鎖された児童養護施設をめぐる謎を、1回り年上の部下ブライアンとともに調べ始めるという話だが、このヒロイン、上司の言うことは聞かず、思いつくと後先考えずに飛び出していくから、ブライアンも大変だ。

 しかし徐々に判明してくるのだが、後先考えずに飛び出していくのは、このヒロインがあわて者というわけではない。キム・ストーンには過酷な幼少時代を送ってきたという経緯がある。だから、児童養護施設をめぐる事件が彼女にとっては他人事ではないのだ。規律を乱し、乱暴で、無軌道に見えるキム・ストーンの行動は、彼女の体に眠る熱い感情にほかならない。

 もちろん警察小説としての面白さも十分だが、彼女はどういう幼少時代を過ごしてきたんだろうという興味がむくむくと湧き起こってくる。まだ語られていないことはたくさんあるので、それは今後の楽しみにしたい。

 著者は本書の電子書籍版でデビューしたイギリスミステリー界の新星で、もちろん日本紹介も初。このキム・ストーンを主人公にしたシリーズはイギリスですでに7作まで書かれているという。ぜひ続刊を期待したい。 (早川書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る