• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「JKハルは異世界で娼婦になった」平鳥コウ著

 ウェブ上で公開されて話題になった作品が書籍化されるというのは昨今珍しくないが、これもそういう一冊だ。

 ただし、こちらは中身も異色。女子高生が交通事故に遭ったら異世界に飛ばされてしまい、そこで娼婦となって生きる、というストーリーなのである。

 その世界は都市の外で怪獣が跋扈し、戦士たちが魔物たちと戦っている、との設定だ。ヒロインのハルは、その戦いの最前線の町の娼館「夜想の青猫亭」で働いている。生きるためには仕方ないよね、と割り切っている。この異世界にはスマホがなく、ハルにしてみれば遅れているとしか思えない。さらに男尊女卑の社会なので、女子だけで食事したり飲んだりする習慣がないのも致命的。これはそういうハルの日常を描く長編だ。

 娼館が舞台の小説なので、その手のシーンが多く、さらに「マ○コ」とか「チ○コ」とか、直接的な表現が頻出する。しかし、ちょっとなあと思いながら読んでいくと、意外な局面に立ち会うことになる。

 ハルは娼婦の生活の中でも逞しく生きるヒロインなのだが、本当に戦うヒロインなのだ。その痛快な雄姿が素晴らしい。変貌する兵士の描写に、作家としての確かさを感じることも出来る。まだ引き出しがあると見た。

 ならば、これは続編が書かれるべきだろう。魔物との決着はまだついてないし、謎も残されている。これで終わるべきではない。(早川書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る