北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「JKハルは異世界で娼婦になった」平鳥コウ著

公開日:  更新日:

 ウェブ上で公開されて話題になった作品が書籍化されるというのは昨今珍しくないが、これもそういう一冊だ。

 ただし、こちらは中身も異色。女子高生が交通事故に遭ったら異世界に飛ばされてしまい、そこで娼婦となって生きる、というストーリーなのである。

 その世界は都市の外で怪獣が跋扈し、戦士たちが魔物たちと戦っている、との設定だ。ヒロインのハルは、その戦いの最前線の町の娼館「夜想の青猫亭」で働いている。生きるためには仕方ないよね、と割り切っている。この異世界にはスマホがなく、ハルにしてみれば遅れているとしか思えない。さらに男尊女卑の社会なので、女子だけで食事したり飲んだりする習慣がないのも致命的。これはそういうハルの日常を描く長編だ。

 娼館が舞台の小説なので、その手のシーンが多く、さらに「マ○コ」とか「チ○コ」とか、直接的な表現が頻出する。しかし、ちょっとなあと思いながら読んでいくと、意外な局面に立ち会うことになる。

 ハルは娼婦の生活の中でも逞しく生きるヒロインなのだが、本当に戦うヒロインなのだ。その痛快な雄姿が素晴らしい。変貌する兵士の描写に、作家としての確かさを感じることも出来る。まだ引き出しがあると見た。

 ならば、これは続編が書かれるべきだろう。魔物との決着はまだついてないし、謎も残されている。これで終わるべきではない。(早川書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る