「マイパブリックとグランドレベル」田中元子著

公開日:  更新日:

 夫と建築にまつわる企画や編集の仕事をしてきた著者は、神田の築50年の小さなビルの4階に事務所を構えた。2人で使うにはやや広く、デッドスペースにバーカウンターを設置して来客や仕事仲間にオリジナルの「建築カクテル」を振る舞った。

 これがなんとも楽しい。お金を介在させることなく時間と場所を共有できる居心地のよさ。これをまち中でもできないかと、移動式のパーソナル屋台をつくってコーヒーを無料で振る舞うと、そこに小さな自家製の公共空間が生まれる。名づけて「マイパブリック」。

 さらには、まちごとマイパブリックにしてしまえということで、公園、駅、ショッピングセンター(の1階)、集合住宅(の1階)といった地上=グランドレベルで、マイパブリックを効果的かつ有意義に実現していく。行政や組織が主体ではなく、個々人がつくる多様なパブリックな空間を通じて、まちの景観や人々とのコミュニケーションを図っていく。

 そんな豊かなまちづくりへの実践テキストが満載。(晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る