「マイパブリックとグランドレベル」田中元子著

公開日:  更新日:

 夫と建築にまつわる企画や編集の仕事をしてきた著者は、神田の築50年の小さなビルの4階に事務所を構えた。2人で使うにはやや広く、デッドスペースにバーカウンターを設置して来客や仕事仲間にオリジナルの「建築カクテル」を振る舞った。

 これがなんとも楽しい。お金を介在させることなく時間と場所を共有できる居心地のよさ。これをまち中でもできないかと、移動式のパーソナル屋台をつくってコーヒーを無料で振る舞うと、そこに小さな自家製の公共空間が生まれる。名づけて「マイパブリック」。

 さらには、まちごとマイパブリックにしてしまえということで、公園、駅、ショッピングセンター(の1階)、集合住宅(の1階)といった地上=グランドレベルで、マイパブリックを効果的かつ有意義に実現していく。行政や組織が主体ではなく、個々人がつくる多様なパブリックな空間を通じて、まちの景観や人々とのコミュニケーションを図っていく。

 そんな豊かなまちづくりへの実践テキストが満載。(晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る