「マイパブリックとグランドレベル」田中元子著

公開日: 更新日:

 夫と建築にまつわる企画や編集の仕事をしてきた著者は、神田の築50年の小さなビルの4階に事務所を構えた。2人で使うにはやや広く、デッドスペースにバーカウンターを設置して来客や仕事仲間にオリジナルの「建築カクテル」を振る舞った。

 これがなんとも楽しい。お金を介在させることなく時間と場所を共有できる居心地のよさ。これをまち中でもできないかと、移動式のパーソナル屋台をつくってコーヒーを無料で振る舞うと、そこに小さな自家製の公共空間が生まれる。名づけて「マイパブリック」。

 さらには、まちごとマイパブリックにしてしまえということで、公園、駅、ショッピングセンター(の1階)、集合住宅(の1階)といった地上=グランドレベルで、マイパブリックを効果的かつ有意義に実現していく。行政や組織が主体ではなく、個々人がつくる多様なパブリックな空間を通じて、まちの景観や人々とのコミュニケーションを図っていく。

 そんな豊かなまちづくりへの実践テキストが満載。(晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る