「メイキング・オブ・勉強の哲学」千葉雅也著

公開日: 更新日:

 著者は、勉強は自分らしさを表す何かを「制作」することにつながるという信念を持っている。そういう意識で勉強を楽しくクリエーティブなものにしてほしいと考えている。著者はふだんは手書きのノート、デジタルノート、アウトライナーの3種類のノートを並行して使っている。アイデアを爆発的に展開したいときは手書きノートを使う。パソコンのツールと違って論理を四方八方に展開できるため、柔軟な思考が可能になる。論理の順序が整理されてきたらアウトライナーで箇条書きにして適切に並べ替え、さらにその場のノリから離脱していく。実際のノートの画像をもとに、著者のメイキングの過程と創作ノートの作り方を紹介。

 (文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る