「メイキング・オブ・勉強の哲学」千葉雅也著

公開日:  更新日:

 著者は、勉強は自分らしさを表す何かを「制作」することにつながるという信念を持っている。そういう意識で勉強を楽しくクリエーティブなものにしてほしいと考えている。著者はふだんは手書きのノート、デジタルノート、アウトライナーの3種類のノートを並行して使っている。アイデアを爆発的に展開したいときは手書きノートを使う。パソコンのツールと違って論理を四方八方に展開できるため、柔軟な思考が可能になる。論理の順序が整理されてきたらアウトライナーで箇条書きにして適切に並べ替え、さらにその場のノリから離脱していく。実際のノートの画像をもとに、著者のメイキングの過程と創作ノートの作り方を紹介。

 (文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る