「メイキング・オブ・勉強の哲学」千葉雅也著

公開日: 更新日:

 著者は、勉強は自分らしさを表す何かを「制作」することにつながるという信念を持っている。そういう意識で勉強を楽しくクリエーティブなものにしてほしいと考えている。著者はふだんは手書きのノート、デジタルノート、アウトライナーの3種類のノートを並行して使っている。アイデアを爆発的に展開したいときは手書きノートを使う。パソコンのツールと違って論理を四方八方に展開できるため、柔軟な思考が可能になる。論理の順序が整理されてきたらアウトライナーで箇条書きにして適切に並べ替え、さらにその場のノリから離脱していく。実際のノートの画像をもとに、著者のメイキングの過程と創作ノートの作り方を紹介。

 (文藝春秋 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る

人気キーワード