北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「エヴァンズ家の娘」ヘザー・ヤング著 宇佐川晶子訳

公開日: 更新日:

 恋人との生活に疲れたジャスティーンは、2人の娘を連れて湖畔の別荘にやってくる。

 その別荘は大叔母ルーシーが残してくれたもので、彼女は64年前に妹の失踪、父親の自殺と相次いで悲劇が起きて以来、ずっとこの別荘で暮らしていた。

 ジャスティーンにとって行くところはここしかないのだ。恋人の家を飛び出してきたものの、他に行くところがない。しかし「ちょっと手を加えたら、この家は悪くないと思うわ」と言うジャスティーンに、「あたしはきらいだな。ものすごく寒いし、近くに住んでいる人もいないし」と長女のメラニーは不満顔だ。さらに、しばらくすると自分勝手な母親まで押しかけてくる。

 そういう波乱含みの新生活が続く一方で、64年前のルーシーの日記が挿入されていく。それは3人姉妹の日々だ。長女リリス、次女ルーシー、三女エミリー。ジャスティーンは、その長女リリスの孫娘である。表面は
牧歌的だが、なんだかルーシーの周囲には微妙な雰囲気がある。現在と過去、2つの物語が交互に語られ、おお、ネタばらしになりかねないのでこれ以上は書けない。ヒントは、ジャスティーンの長女メラニーと、過去編のルーシーがともに11歳であることだ。

 真実は物語の底にずっと隠されているが、それが爆発するラストが素晴らしい。秀逸な人物造形、見事な構成、鮮やかな描写力。圧巻のラストまで一気読みの傑作だ。

(早川書房 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る