• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「室町繚乱」阿部暁子著

 何げなく読み始めたらやめられなくなった。13歳の少女透子が髪を切って少年の格好になり、乳母と2人で敵地に乗り込んでいくというストーリーは、特に目新しいものではない。しかし、この長編にどんどん引き込まれていく。それは、出てくる人物がみな生き生きとしているからだ。

 たとえば透子は、京に入った途端、人買いにつかまってしまうのだが、それを助けるのが猿楽師の少年鬼夜叉と、若き将軍足利義満。透子は南朝の帝の妹なので、義満は仇敵になる。鬼夜叉も義満の庇護のもとにいるのだから、本来なら透子の敵方の一員になるのだが、何かあるたびにこの少年は透子を助けてくれる。

 義満ですら単純な悪党ではなく、しかしリアルな政治状況を背景にして彫りの深い男として描かれている。まだまだ脇役もいるのだが(鬼夜叉の弟四郎がたとえようもなくかわいい!)、あとは省略。

 透子がどういうわけか、義満の館に住むことになるというストーリーの展開と、南北朝の時代という複雑な物語の背景が徐々に立ち上がってくることと、怒涛のような激しい局面になる後半の面白さを指摘するにとどめておく。

 著者は年少読者向けの小説を書いてきた人で、一般書はこれが初めてのようだが、この作家の作品をもっと読みたいという気持ちがこみあげてくる。うまいうまい。(集英社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る