「おまじない」西加奈子著

公開日: 更新日:

「炎上する君」以来、8年ぶりの短編集。キーワードは「おじさん」と「魔法の言葉=おまじない」だ。

 全8編の登場人物はいずれも訳ありの「女の子」(年齢はまちまち)で、さまざまな人生の転機に思い悩んでいる。そんな彼女たちの背中を、おじさんが魔法のひとことで、そっと背中を押してくれる――。

 初めてスカートをはいてかわいい女の子の仲間入りをするが、周囲から浮いてしまった少女と、中庭の焼却炉で何かを燃やしているおじさん(「燃やす」)。ファッションモデルの仕事に自信を失った女の子と、いちご中心に世界が回っているおじさん(「いちご」)。自分の不細工ぶりをネタにしているキャバ嬢と落ちぶれた芸人(「あねご」)。結婚したさにわざと妊娠したと思われるのではと悩む妊婦と、覚醒剤に手を出して地に落ちた元スターサッカー選手(「マタニティ」)……。

 女の子とおじさんという、およそ相いれない両者の組み合わせが、作者の魔法によって思わぬ異化効果を生み出す。著者自らの手になるイラストレーションも見どころ。

(筑摩書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る

人気キーワード