「おまじない」西加奈子著

公開日: 更新日:

「炎上する君」以来、8年ぶりの短編集。キーワードは「おじさん」と「魔法の言葉=おまじない」だ。

 全8編の登場人物はいずれも訳ありの「女の子」(年齢はまちまち)で、さまざまな人生の転機に思い悩んでいる。そんな彼女たちの背中を、おじさんが魔法のひとことで、そっと背中を押してくれる――。

 初めてスカートをはいてかわいい女の子の仲間入りをするが、周囲から浮いてしまった少女と、中庭の焼却炉で何かを燃やしているおじさん(「燃やす」)。ファッションモデルの仕事に自信を失った女の子と、いちご中心に世界が回っているおじさん(「いちご」)。自分の不細工ぶりをネタにしているキャバ嬢と落ちぶれた芸人(「あねご」)。結婚したさにわざと妊娠したと思われるのではと悩む妊婦と、覚醒剤に手を出して地に落ちた元スターサッカー選手(「マタニティ」)……。

 女の子とおじさんという、およそ相いれない両者の組み合わせが、作者の魔法によって思わぬ異化効果を生み出す。著者自らの手になるイラストレーションも見どころ。

(筑摩書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る