• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「炎と怒り トランプ政権の内幕」マイケル・ウォルフ著 関根光宏、藤田美菜子ほか訳

 トランプ政権の内幕を暴いた本書が発売される直前、トランプ大統領は本の内容は間違いや偽の情報であふれているとして出版差し止めを要求。出版社は発売を前倒しするとともに、当初15万部を予定した発行部数を急遽100万部を重版したという、発売前から話題を呼んだベストセラー。

 著者がトランプに初めて接触したのは大統領選さなかの16年5月。そこから1年半かけて、トランプはじめ彼を取り巻く幹部ら200人にインタビューを行い、それをまとめたのが本書。ここで描かれるトランプは、外交や医療保険制度などの政策についての知識も関心もなく、その場しのぎで発言を繰り返す、およそ政治家とはかけ離れた奇矯な人間である。

 そのほか、娘のイバンカが明かしたトランプの髪形の秘密なども書かれているが、本書の最大のスキャンダルは、トランプ本人もその周囲の人間も、誰ひとりトランプが大統領になるとは全く思っていなかった事実を描き出したことだ。冗談が本気になったという戸惑いの上で成り立つ政権。この恐ろしさに身がすくむ。(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る