「炎と怒り トランプ政権の内幕」マイケル・ウォルフ著 関根光宏、藤田美菜子ほか訳

公開日:  更新日:

 トランプ政権の内幕を暴いた本書が発売される直前、トランプ大統領は本の内容は間違いや偽の情報であふれているとして出版差し止めを要求。出版社は発売を前倒しするとともに、当初15万部を予定した発行部数を急遽100万部を重版したという、発売前から話題を呼んだベストセラー。

 著者がトランプに初めて接触したのは大統領選さなかの16年5月。そこから1年半かけて、トランプはじめ彼を取り巻く幹部ら200人にインタビューを行い、それをまとめたのが本書。ここで描かれるトランプは、外交や医療保険制度などの政策についての知識も関心もなく、その場しのぎで発言を繰り返す、およそ政治家とはかけ離れた奇矯な人間である。

 そのほか、娘のイバンカが明かしたトランプの髪形の秘密なども書かれているが、本書の最大のスキャンダルは、トランプ本人もその周囲の人間も、誰ひとりトランプが大統領になるとは全く思っていなかった事実を描き出したことだ。冗談が本気になったという戸惑いの上で成り立つ政権。この恐ろしさに身がすくむ。(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る