• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「それまでの明日」原尞著

 渡辺探偵事務所の沢崎のもとに、ある金融会社の新宿支店長・望月皓一と名乗る紳士がやってくるところから物語は始まる。

 なんでも融資を頼まれている赤坂の料亭の女将の身辺調査をしてほしいというのだ。社内の勢力争いも絡んでいるので、緊急時以外は電話を控えてほしいという望月の要望もあって、望月からの連絡を待つつもりでいた沢崎だったが、調査対象の女将がすでに亡くなっていた。仕方なく連絡をとろうとするものの肝心の望月がつかまらない。そこで、外出先から社に戻るタイミングで望月をつかまえようと、新宿支店まで出かけていった沢崎は、銀行強盗に巻き込まれ人質になってしまう……。

 私立探偵・沢崎が活躍するハードボイルド長編「そして夜は甦る」でデビューして以来、沢崎シリーズを長年書き継いできたミステリー界の伝説の作家による14年ぶりの新作。ありきたりの依頼だったはずの身辺調査が、調査対象が亡くなっているうえに、依頼人まで姿を消すというストーリー展開で、読者は思わぬところへ連れていかれる。時を経て蘇った探偵・沢崎の世界観がたっぷり楽しめる。

(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事