「それまでの明日」原尞著

公開日: 更新日:

 渡辺探偵事務所の沢崎のもとに、ある金融会社の新宿支店長・望月皓一と名乗る紳士がやってくるところから物語は始まる。

 なんでも融資を頼まれている赤坂の料亭の女将の身辺調査をしてほしいというのだ。社内の勢力争いも絡んでいるので、緊急時以外は電話を控えてほしいという望月の要望もあって、望月からの連絡を待つつもりでいた沢崎だったが、調査対象の女将がすでに亡くなっていた。仕方なく連絡をとろうとするものの肝心の望月がつかまらない。そこで、外出先から社に戻るタイミングで望月をつかまえようと、新宿支店まで出かけていった沢崎は、銀行強盗に巻き込まれ人質になってしまう……。

 私立探偵・沢崎が活躍するハードボイルド長編「そして夜は甦る」でデビューして以来、沢崎シリーズを長年書き継いできたミステリー界の伝説の作家による14年ぶりの新作。ありきたりの依頼だったはずの身辺調査が、調査対象が亡くなっているうえに、依頼人まで姿を消すというストーリー展開で、読者は思わぬところへ連れていかれる。時を経て蘇った探偵・沢崎の世界観がたっぷり楽しめる。

(早川書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード