• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「それまでの明日」原尞著

 渡辺探偵事務所の沢崎のもとに、ある金融会社の新宿支店長・望月皓一と名乗る紳士がやってくるところから物語は始まる。

 なんでも融資を頼まれている赤坂の料亭の女将の身辺調査をしてほしいというのだ。社内の勢力争いも絡んでいるので、緊急時以外は電話を控えてほしいという望月の要望もあって、望月からの連絡を待つつもりでいた沢崎だったが、調査対象の女将がすでに亡くなっていた。仕方なく連絡をとろうとするものの肝心の望月がつかまらない。そこで、外出先から社に戻るタイミングで望月をつかまえようと、新宿支店まで出かけていった沢崎は、銀行強盗に巻き込まれ人質になってしまう……。

 私立探偵・沢崎が活躍するハードボイルド長編「そして夜は甦る」でデビューして以来、沢崎シリーズを長年書き継いできたミステリー界の伝説の作家による14年ぶりの新作。ありきたりの依頼だったはずの身辺調査が、調査対象が亡くなっているうえに、依頼人まで姿を消すというストーリー展開で、読者は思わぬところへ連れていかれる。時を経て蘇った探偵・沢崎の世界観がたっぷり楽しめる。

(早川書房 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る